複数のFX口座の開設

複数口座の開設が可能な国内MT4 FX業者

by

複数のFX口座の開設

MT4で複数のEAを運用する場合、同じFX業者内でも口座を分けたい場合があると思います。

私も利用している、複数の口座開設が可能な国内MT4 FX業者を紹介します。

FX口座を分けるメリット

MT4で複数のEA(自動売買プログラム)を動かす場合、1つの口座で同時稼働させるのか、それともEA毎に口座を分けて運用するのか。運用スタイルによってそれぞれだと思います。

保有する口座数が増えると管理が面倒になるというデメリットもありますが、私は次のような理由でEA毎にFX口座を分けています。

  • EA毎に資金管理ができる
  • 複数EA同時稼働による干渉を避けることができる
  • myfxbookでEA毎に管理できる

EA毎に資金管理ができる

複数のEAを運用する場合、1つの口座内で動かすと資金効率は良くなります。一方で、複数のEAが同時にポジションを持つ場合には、資金管理が難しくなります

それぞれのEAには、運用資金に対する推奨取引ロット数があり、預入金額に応じて取引ロット数を設定するのですが、複数のEAが同時にポジションを持つ場合、各EAの特徴をよく理解した上で設定しないと口座維持率が不足するリスクがあります。

複数EA同時稼働による干渉を避けることができる

MT4では、EA毎にマジックナンバーが重複しないように設定しておけば、1つの口座内で複数のEAを同時稼働することができます。

しかし、MT4では同時に1つの発注処理しかできないため、同じタイミングで異なるEAから売買シグナルが出た場合、一方が待機状態となりタイムラグが生じてしまいます

特にスキャルピング系EAのように、一瞬のタイミングが大切な場合は致命的になり兼ねないため、注意が必要です。

myfxbookでEA毎に管理できる

MT4の取引状況を管理することができるサービス「Myfxbook」。

アカウント内で複数のEAを分けて管理することは可能なのですが、当サイトのサイドバーに掲載しているウィジェットのように、各EAの運用成績として表示するには、EA毎に口座を分ける必要があります

⇛ MT4の取引情報を管理・公開できる「Myfxbook」の設定方法

複数口座の開設が可能な国内MT4 FX業者

複数口座を開設することができるもので、私が利用している国内MT4 FX業者は次のものになります。

サブアカウント15個まで作成可能「OANDA JAPAN」

低スプレッドと約定力の強さが評判の「OANDA JAPAN」。

私もスキャルピング系EAは全てここで運用しているのですが、スプレッドや約定力以外にも、複数口座を簡単に作成することができるのも、OANDA JAPANを利用する理由の1つです。

OANDA JAPANでは、口座開設をすると作成されるプライマリーアカウントに加え、サブアカウントとして15個まで口座を作成することができます。

OANDA JAPANで複数口座の開設

追加口座の作成は、アカウント管理画面より「サブアカウントの作成」をクリックするだけで簡単に作成可能。即時サブ口座が作成されます。

OANDA JAPANでサブアカウントの作成

私は既に5個のMT4口座を作成していますが、あと10個も作成可能なので柔軟に利用できるところが気に入っています。

⇛ OANDA JAPAN – MT4対応FX業者スペック比較

サブ口座5個まで作成可能「外為ファイネスト」

外為ファイネスト MT4 ZERO

国内設置MT4サーバー、カリネックスブリッジによるハイスピードな取引が魅力の「外為ファイネスト MT4 ZERO」。

まだ使ったことはないのですが、今一番気になっているMT4業者で、次にMT4口座を追加する際に利用する予定です。

外為ファイネスト MT4 ZEROでは、口座開設をすると作成されるメイン口座に加え、追加で5個までサブ口座を作成することができます。

⇛ 外為ファイネスト – MT4対応FX業者スペック比較

このページをシェアする
MT4対応おすすめ国内FX業者

MT4対応の国内FX業者で最狭水準のスプレッドを誇る「FXTF MT4」。

口座開設した会員ユーザーは、MT4ヒストリカルデータをダウンロードできるので便利です。

当サイト限定のタイアップ・キャンペーン情報
インヴァスト証券

自動売買プログラムが使い放題の「シストレ24」。フルオート機能により完全自動売買を実現。

当サイトからの口座開設で、通常より+3,000円のキャッシュバック!

私も実際に運用していたので、参考にどうぞ。