SBI VCで仮想通貨の積立投資、その運用実績を公開

SBI VCで仮想通貨の積立投資

一時期のバブルが去って最近はおとなしい仮想通貨。

数年スパンでゆっくり値上がり期待、いざという時に大化けする可能性から、少しずつ買っていくことにしました。

相場を読むのは難しいので、上がっても下がってもお構いなしに、毎月一定額を買う積立投資です。(ドルコスト平均法によるリスク分散)

値動きの激しい仮想通貨ですが、積立投資でどれくらいのパフォーマンスになるのか、実績を公開していきますので、参考にどうぞ。

仮想通貨積立の運用実績

毎月1万円を次の仮想通貨に積立投資しています。

  • XRP(リップル):1万円
  • BTC(ビットコイン):1万円
  • BCH(ビットコインキャッシュ):1万円
  • ETH(イーサリアム):1万円

積立額と各仮想通貨の評価額の推移です。(毎月1回月初に更新)

累計投資額 評価額 評価損益 通算利益率
XRP 75,004円 61,232円 -13,772円 -18.36%
BTC 56,897円 45,091円 -11,806円 -20.75%
BCH 19,044円 19,818円 +774円 +4.06%
ETH 28,572円 32,380円 +3,808円 +13.33%
SBI VCでの仮想通貨の積立投資の運用成績

通貨毎の運用成績

通貨ごとの推移は次のようになっています。

XRP(リップル)の積立投資の運用成績
BTC(ビットコイン)の積立投資の運用成績
BCH(ビットコインキャッシュ)の積立投資の運用成績
ETH(イーサリアム)の積立投資の運用成績

積立に利用している仮想通貨取引所は、SBIバーチャル・カレンシーズです。

SBIバーチャル・カレンシーズの特徴

SBIバーチャル・カレンシーズ

これまでにも仮想通貨の積立投資は考えていたのですが、取引業者の不祥事も目立っており、長期間に渡って安心してお金を預けられる業者がなく保留していました。

そこで満を持して登場したのが、東証一部上場のSBIグループの子会社が運営する仮想通貨取引所「SBIバーチャル・カレンシーズ(以下「SBI VC」)」。

金融企業としてのこれまでの経験に加え、外部企業との連携強化により、盤石なセキュリティを構築。また、他社取引所の取引手数料・スプレッドの高さを指摘し、SBI VCでは圧倒的低コストで取引可能なサービスとなっています。

スプレッド比較 ※2018年7月24日時点(参考:SBIホールディングス決算資料
SBI VC bitFlyer GMOコイン Zaif Coincheck
BTC 1.99% 2.34% 2.00% 11.62% 4.38%
XRP 3.87% 10.00% 10.33%
BCH 1.50% 7.25% 7.00% 10.32%

尚、SBI VCで取引可能なコインは、次の主要コイン4つのみとなっています。

  • リップル(XRP)
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)

積立投資にギャンブル性は求めていないので、個人的にはこれで十分。

SBI VCの取引画面は、次のようにシンプルな構成なので、はじめての方でも迷いなく使えると思います。

SBIバーチャル・カレンシーズの取引画面

売買したいコインを選んで、注文数を入力して、コインを買う/売るボタンをクリックするだけ。

私が行っている積立投資では、毎月一度、指定した金額(円)分だけ仮想通貨を購入しています。(さらにわがままを言うと、「SBI FXトレード」のような自動積立機能が組み込まれると便利なんですけどね。)

と、こんな感じでコツコツと仮想通貨の積立投資を続けていく予定です。相場の上げ下げに動揺することなく愚直に買い続け、いつかドカンと大化けする日を楽しみにしています。

ちなみに、SBI VCへの入出金は住信SBIネット銀行からのみとなっています。お申込みはご一緒に。

SBI北尾さんの著書も参考にどうぞ。