トラリピだけじゃない。各社トラップリピート系注文の種類と特徴。

by

一度の発注で何度も売買を繰り返してくれる「トラップリピート系注文」。

マネースクウェアのトラリピを筆頭に、各FX業者から提供さているトラップリピート系注文をまとめました。

リピート系注文の種類と特徴

リピート系注文の先駆けである、マネースクウェア・ジャパンの「トラップ・リピート・イフダン(通称トラリピ)」。

トラリピはマネースクウェア特許のため、追随する他社から提供されているものは、それに近いながらも微妙に異なります。

現在、各社で提供されているリピート系注文には、主に次のようなものがあります。

マネースクウェアのトラリピ

まずは、元祖リピート系注文であるマネースクウェア・ジャパンのトラップ・リピート・イフダン(通称トラリピ)。

トラップ・リピート・イフダンは、次の3段階で考えると理解しやすいです。

  1. イフダン注文(IFD):新規注文と決済注文をセットで発注する注文方法
  2. リピートイフダン注文(RIFD):イフダン注文を繰り返し発注する注文
  3. トラップリピートイフダン注文:リピートイフダン注文(RIFD)を等間隔に複数仕掛ける注文
マネースクウェアのトラリピ

狙った値幅の中で、いくつもの「新規注文」と「決済注文」を指値で一気に発注し、相場が動くと次々と注文が約定、それが繰り返される仕組み。

⇛ マネースクウェア・ジャパン

私もマネースクウェアで高金利通貨トラリピ運用中

アイネット証券のループ・イフダン

アイネット証券からは、シストレi-Netの売買システムの1つ「ループ・イフダン」。

アイネット証券のループ・イフダン

ループイフダンは、一定値幅ごとに売りと買いを繰り返し、コツコツ利益を積み上げていく売買システム。

値幅は予め設定されており、通貨ペア別に数種類のループイフダンが用意されています。選べる通貨は、人気通貨であるUSDJPY、EURJPY、GBPJPY、AUDJPYの4種類で、1000通貨から取引可能。

掛かるコストは売値と買値の差であるスプレッドのみとなっており、米ドル円で2銭と低コストなのも特徴です。

⇛ アイネット証券

FXブロードネットのトラッキングトレード

FXブロードネットからは、価格追尾型のリピート注文「トラッキングトレード」。

FXブロードネットのトラッキングトレード

トラッキングトレードは、トラリピ同様に指定した値幅の中でイフダン注文(IFD)を繰り返し、コツコツ利益を積み重ねる売買システム。

トラリピと異なる点としては、設定した値幅を超えた場合にも、仕掛けるレンジを追尾して売買チャンスを逃さないというのが大きな特徴です。

トレンドが発生して狙った方向に想定値幅を超えた場合には、利食いをしながら値動きを追いかけて大きく利益獲得。反対に、予想と反対方向に進んだ場合には、一番不利なポジションを損切りしながら仕掛けるレンジを切り下げていきます。

レンジ相場だけでなくトレンド相場でも威力を発揮するトラッキングトレードは、ある程度の相場観を持って利用すると、非常に収益性の高いシステムだと思います。

⇛ FXブロードネット

YJFX!のリピトレ

YJFX!からは、リピートトレール注文(通称リピトレ)。

YJFX!のリピトレ

トラリピ同様に売買を繰り返す注文方式ですが、こちらは「ドテン」と「トレール」を主体とし、決済トレール注文が約定すると同時にドテンポジションを持ちます。

トラリピが一方向だけの注文方式であるのに対し、リピトレは買いと売りを交互に繰り返すのが特徴。

⇛ リピートトレール注文 – YJFX!

ジャパンネット銀行の連続IFDOCO

ジャパンネット銀行の「JNB-FX PLUS」からは、連続IFDOCO。

ジャパンネット銀行の連続IFDOCO

IFDOCO注文を最大9つ同時に発注できるもので、前の注文が約定すると次の注文が自動的に発注される仕組み。

一度に1つの注文しか実行しないため証拠金がその分だけで良い点や、使い方次第では柔軟な戦略がとれる。

⇛ ジャパンネット銀行

MT4でトラリピを実現できるEA

また、MT4でトラリピを実現できるEAもあります。

2013年4月頃に、特許権の問題でトラリピEAが一斉に姿を消したのですが、その後またポツポツと現れてきています。

トラリピと全く同じはNGなので、それに近いモノという印象ですが、現時点で次のようなものがあります。

PegSystem

fx-on.comで販売されているEAで、「PegSystem(EURCHF) ver1」。

EURCHFの事実上ペッグ通貨(下限1.20維持)を利用して、トラリピのリスクを回避しようという戦略のEAです。

EURCHFの下限1.20維持

2015年1月15日スイス中銀バズーカでペッグ制崩壊して大変なことになりました(((;゚Д゚)))ガクブル

トラップ幅と利確幅、ロング/ショートのエントリー価格帯を設定できるので、トラリピ同様のトレードができます。

私も本番運用していますので、パフォーマンスなどの参考にどうぞ。

⇛ PegSystem(EURCHF) ver1

ShinkuuHadouken

こちらもfx-on.comで販売されているEAで、「ShinkuuHadouken」。

指定した価格範囲において、指定間隔で追撃買い・買い下がりをするEAです。(売りも可能)

任意の通貨ペアで運用可能なので、メジャー通貨ペアしか扱えないマネースクウェアよりも、幅広い運用ができそうです。

⇛ ShinkuuHadoukenShinkuuHadouken | fx-on.com

当サイト限定のタイアップ・キャンペーン情報
SBIFXトレード

1通貨から取引可能、外貨の自動積立もできる「SBI FXトレード」。

当サイトからの口座開設で、Amazonギフト券3,000円分プレゼント!

外貨預金よりオトクなFXで、私も外貨の積立に利用しています。

インヴァスト証券

自動売買プログラムが使い放題の「シストレ24」。フルオート機能により完全自動売買を実現。

当サイトからの口座開設で、通常より+5,000円のキャッシュバック!

私も実際に運用中。参考にしてみて下さい。