FX確定申告に向けて、MT4での年間取引報告書(年間損益計算書)の取得方法

Analyzing Financial Data

FXの確定申告に必要となる、年間損益報告書(年間取引報告書)。

MT4を利用してFXトレードを行っている場合、FX業者のサイトから報告書を入手します。

また、海外業者など報告書が提供されてない場合、MT4よりレポートを取得することができます。

FX業者のサイトから入手する

FXの年間取引報告書(年間損益計算書)は、国内FX業者のMT4口座であれば、Webサイトの会員ページから報告書をダウンロードするのが一般的です。

FXTF(FXトレード・フィナンシャル)

FXTF」では、Webサイトの「マイページ」にログインして、メニュー「FXTF MT4」から「報告書」をクリック。

FXTF MT4の報告書取得

期間損益報告書に1年間の期間を指定して「ダウンロード」をクリック。

FXTF MT4の期間損益報告書のダウンロード

確定申告では年間損益報告書として利用することができます。

OANDA JAPAN(オアンダジャパン)

OANDA JAPAN」では、Webサイトの「マイページ」にログインして、口座管理の「各帳票ダウンロード」をクリック。

OANDA JAPAN各帳票ダウンロード

OANDA JAPANでは複数のサブアカウント(サブ口座)を持つことができるので、対象のアカウントを選択して「年間損益報告書」にチェック、期間を選んで「帳票ダウンロード」をクリック。

OANDA JAPAN年間損益報告書ダウンロード

確定申告には、これを印刷して利用すればOKです。

FOREX.com

FOREX.com」では、Webサイトの「マイアカウント」にログインして、メニュー「レポート」より、「損益残高報告書」の「年間」をクリックすると、次のようなレポートが表示されます。

損益残高報告書

確定申告には、これを印刷して利用すればOKです。

MT4よりレポートを取得する方法

海外FX業者を利用している場合は、MT4のレポート機能を利用してレポート(年間取引履歴)を取得することが一般的です。

MEMO
私が利用していた海外FX業者「Pepperstone」「FXDD」も、年間取引報告書を求めると、MT4でレポートを取得して下さいとの回答を頂きました。

その場合は、次のようにして取得します。

1.MT4にログイン

レポート(年間取引履歴)を取得したい口座のMT4にログインし、ターミナルより「口座履歴」タブを開きます。

MT4口座履歴

2.口座履歴の期間を設定

「口座履歴」の上で右クリックし、「期間のカスタム設定」をクリックします。

期間のカスタム設定

レポートを出力したい期間を設定します。
2013年分の確定申告であれば、2013年1月1日〜2013年12月31日になります。

開始日・終了日の設定

口座履歴には、設定した期間の履歴が表示されます。

3.レポートの保存

「口座履歴」の上で右クリックし、「レポートの保存」をクリックします。

Statement3

レポートの保存先とファイル名を選んで、「保存」ボタンを押下。

Statement4

複数の口座を持っている場合は、ファイル名に口座番号を付けると分かりやすいです。

4.レポートの確認

保存したレポートは、HTMLファイルで生成されています。

MT4のレポートはHTML形式

このファイルをブラウザで開くと、次のように取引履歴がズラーっと出力されています。

MT4年間取引履歴

一番下まで画面をスクロールすると、サマリーがあります。

MT4年間取引履歴サマリー

ここに出力されている「Closed Trade P/L(確定損益総額)」が、その年の確定損益になります。(FX業者によってレポート形式は若干異なります)

MEMO
外貨建て口座の場合は、「Closed Trade P/L(確定損益総額)」でなく、取引毎に、損益が発生したその日の為替レートで円に戻し、1年を通してそれを集計したもので確定申告しなければなりません。