Orion FX M78の運用成績

Orion FX M78(EAの特徴と現在の設定・運用成績)

ライブ口座で稼働中の「Orion FX M78」について、現在の運用成績とEA設定です。

「Orion FX M78」の運用成績とEA設定

EAの概要

  • EA名称:Orion FX M78
  • システムの戦略:スキャルピング&デイトレード
  • 対応通貨ペア: USD/JPY、EUR/CHF、EUR/GBP、EUR/CAD、CHF/JPY(5分足)

ライブ口座での運用成績

2012年5月18日〜2012年6月25日まで稼働。現在停止中。

運用していた期間の、ライブ口座での運用成績です。

Orion FX M78の運用成績

現在の運用環境とパラメータ設定

運用環境

ブローカー レバレッジ 運用資金 EAのVer.
Pepperstone RAZOR 400倍 $1,000 Ver1.8

運用通貨ペア

USD/JPY EUR/CHF EUR/GBP EUR/CAD CHF/JPY
稼働 稼働 稼働 5/27 停止 稼働

パラメータ

パラメータ 標準 設定値 説明
EcnMode false true ECNブローカー用の発注モード
FriMode false true true:土曜深夜は稼働しない
LotsSize_Buy 0.1 0.01 固定ロットサイズ(買い)
InterstsMode_Buy 0 0 複利運用のリスクパーセント(買い)
LotsSize_Sell 0.1 0.01 固定ロットサイズ(売り)
InterstsMode_Sell 0 0 複利運用のリスクパーセント(売り)
その他パラメータ 標準値 M78_USDJPY_Ver1.8プリセット
M78_EURCHF_Ver1.8プリセット
M78_EURGBP_Ver1.8プリセット
M78_EURCAD_Ver1.8プリセット
M78_CHFJPY_Ver1.8プリセット

「Orion FX M78」の特徴

システムの説明(公式ページより抜粋)

特徴1:スキャルピングとデイトレードの融合

これまで弊社で培ってきた技術を全て注ぎ込み、スキャルピングとデイトレードの融合に成功致しました。スキャルピングからデイトレードへの変更や、デイトレードをターゲットとしながらのスキャルピングへの変更と、臨機応変に自動で柔軟な対応を致します。

スキャルピングとデイトレードの融合

特徴2:多通貨に対応可能なマルチな性能

メイン通貨はUSDJPYを中心に構成されますが、それら以外のメジャー通貨、マイナー通貨ともに、多種にわたり対応が可能な汎用性の高いEAとなっております。

特徴3:進化し続ける性能

初期はメイン通貨のUSDJPYのみですが、随時対応ペアを追加していくのと同時に、内部ロジックもバージョンアップを重ねることにより末永くご使用可能です。
(現在、USD/JPY、EUR/CHF、EUR/GBP、EUR/CAD、CHF/JPYに対応)

特徴4:高い勝率とPF値の獲得

M78は非常にアグレッシブで高回転なEAになります。圧倒的なトレード回数をこなしながらも高い勝率を維持しておりますので、効率的な運用が可能となり、多少の連敗などは即座に挽回可能です。

基本的な動き

「Orion FX M78」の動きはこんな感じです。

決済/損切りの値はパラメータで設定されているのですが、状況によって柔軟に対応してくれるように感じます。

単発エントリー

エントリー後にプラスに動けば、単発で決済。

ORION FX M78単発エントリー

エントリーから逆行すれば、細かくナンピン連射

エントリー後にマイナスに動けば、細かい刻みでナンピン連射します。

ORION FX M78ナンピン連射エントリー

常に進化し続けるEA

このEA、休むことなくバージョンアップによる改良が行われています。

私が購入した時はVer1.7だったのが、つい先日Ver1.8に上がって、内部ロジックの改善・対応通貨ペアの追加が行われました。

また、すでに予告されているVer1.9では、高性能指標フィルタリング機能を実装予定だそうです。楽しみですね。

ORION FXのブログでは、このような最新情報や、現在の状況、先日起こったドローダウンに対しても考察が述べられている等、このEAに対する取り組み姿勢が見れるのも安心できるポイントです。

⇛ ORION FX BLOG

適正ロットサイズは

公式ページによると、証拠金$3000に対して0.1Lotが適正ロットサイズのようです。

fx-onの口座縛りがない

fx-on.com」で購入したEAには口座縛りという制限があり、EA購入時に申請した口座でしか稼働させることができません。(これが辛いのですが。。)

しかし、「Orion FX M78」については、なんと、その口座縛りがありません。

アクティベートが独自のものになっており、1つのPC(VPS)内であれば、他業者の口座であっても、名義が違っていても、いくつでも動かすことができます。

口座を分散して他社稼働させるのもありかもしれませんね。

EAセットアップ時の注意事項

VPS環境だとエラーになる場合がある

私が利用している「お名前.com Windowsデスクトップ」でも発生したのですが、このEAを稼働させると、MT4のExpertsログに以下のメッセージが出て動かない場合があります。

エラーメッセージ:
cannot load library OrAuth.dll (error 14001)

マニュアルによると、このEAを動かす環境に以下がインストールされていないと、正常に動かないそうです。

  • Microsoft Visual C++ 2008 再頒布可能パッケージ (x86)or(x64)
  • Microsoft .NET Framework 3.5あるいはMicrosoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1

海外の掲示板で対処法を見つけたので、それに従って、以下2つをインストールすると動かすことができました。(参考にした掲示板)

インストールしたもの。

私の場合は、これで解決できましたが、環境によって対応方法が異なる場合があります。これについては、当方では技術的ご質問には対応しかねますので、EA販売者へのお問い合わせをお願いします。

ECNブローカーの場合はパラメーター設定必要

expertsログに以下のようなエラーメッセージが出る場合、ECNブローカー用の発注モードにパラメーター設定する必要があります。

エラーメッセージ:
[ERROR] OrderSend Error : 130

私の場合は、「pepperstone STANDARD」口座で稼働させていると、上記エラーメッセージが出力されてトレードできなかったのですが、パラメータ「Ecn Mode」を「true」に設定することで、正常に稼働するようになりました。

参考記事 ⇛ M78 Ver1.7について | ORION FX blog

⇛ このEAの過去記事