レバレッジ

FXにおけるレバレッジとは?

レバレッジ

少ない資金で大きな取引ができる、FX最大の特徴である「レバレッジ」について解説します。

レバレッジとは?

「レバレッジ」とは、証拠金を担保に、預けた資金の何倍もの取引ができる仕組みです。

レバレッジはテコのことで、小さな力で大きなものを動かす「テコの原理」と同じように、小さな資金で大きな額をトレードするので、こう表現されています。

レバレッジにより少ない資金でFXが始められる

FXでは、通常1万通貨が取引の基本単位となっており、例えば米ドル1万通貨を取引するには、1万ドル=100万円(100円/ドルの場合)もの資金が必要になります。

しかし、レバレッジを活用することで、(一般のFX業者ではレバレッジ25倍)、この場合に必要な資金は100万円/25 = 4万円の資金で取引ができるという訳です。

最近では1000通貨や、1通貨からの取引が可能なFX業者もあり、もっと少ない資金でFXを始めることが可能になりました。

25倍のレバレッジを掛けるということは、利益も25倍になるということ。このように、レバレッジを活用することによって、資金効率を簡単に高めることができるのが、FXの特徴です。

レバレッジ取引の仕組み

FXでは、まずFX口座に資金を入金します。これが「証拠金(保証金)」です。

この証拠金はいわゆる担保で、これをもとにFX業者が数倍のお金を貸してくれるというイメージです。

例えば、1ドル=100円の時に、証拠金10万円に対して、FX業者が100万を借してくれて、1万ドルの取引をしたとします。(レバレッジ10倍)

その後、借りた1万ドルはFX業者に返す必要があります。値動きにより利益が出た場合はその利益は自分に、損失が出た場合は証拠金で穴埋めして返すことになります。

尚、FX業者では、担保額よりも大きな損失が発生しないように、ある程度の損失が発生した時点で強制的に決済する「強制ロスカット」という仕組みが設定されています。

国内FX業者では25倍、海外FX業者だと400倍など

現在では、日本国内のFX業者のレバレッジは最大25倍となっています。(法人であれば400倍など)

実は、 2010年7月まではレバレッジに規制はなく、レバレッジ数百倍なんていう取引も可能でした。しかし、それでは損失が膨大になる恐れもあるため、規制が設定されたという経緯があります。

しかし、今でも個人で高いレバレッジを掛ける方法はあります。それは海外のFX業者を利用すること。

海外のFX業者にはレバレッジ規制は適用されないため、個人でも400倍などの高いレバレッジを掛けることができます。

海外FX業者と国内FX業者の違いについては、コチラのページの「FX業者選びのポイント」も参考にしてみて下さい。

⇛ FX業者選びのポイント

日本国内からでも、簡単に海外FX業者に口座開設・利用することができます。日本語対応している業者も多数あり。 お得に口座開設する方法も ⇛ FXキャッシュバックサイト

レバレッジが高いと危険?

ハイレバ(高レバレッジ)だとリスクが高い、と誤解されている方も多いかと思います。

しかし、レバレッジとは、持ったポジションに対して拘束される資金の割合を示すものです。

レバレッジ25倍のFX業者に100万円を入金して取引すると、100万円✕25倍=2500万円の取引になる、という訳ではありません。200万円の取引しかしなければ、レバレッジは2倍しか掛かっていないことになります。

時価残高に対する取引総代金の倍率(先の例では2倍)のことを「実質レバレッジ」と呼びます。

大切なのは、自分が持つべきポジションの量であって、レバレッジが何倍かなどではありません。どれだけの損が許容できて、その額はどれだけの通貨がいくら動いた場合に相当するのか、を把握することが大切です。

そう考えると、レバレッジが高いほうが、拘束される資金が少なくて済み、それ以外のお金は余裕資金が多くなる=投資の自由度が上がるということになります。