dorucanaの運用成績

「dorucana」スプレッドが不利&トレード回数の減少により運用停止しました

by

つい先日、初の負けトレードを喫した「dorucana」。

運用環境が不利になってきたので、これを機に運用停止させました。

「dorucana」のこれまでの成績

2011年12月6日〜2012年4月24日まで稼働させ、コツコツと利益を積み重ねてきましたが、先日の1回の負けトレードで、ほぼ全ての利益が溶けました。(調子ののって、ロット数をどんどん増やしていたので。。)

dorucanaの運用成績

画面の数字はちょっとおかしい部分もあるのですが、投資資金100,000円が最終的には100,999円なので、+999円という結果です。

取引回数が少ない

EA販売サイトでは、週5~10トレードと紹介されていたのですが、実際には月5〜6回しか動きませんでした。

このEAは2007年12月にはリリースされていたものなので、販売当時と今では随分と相場も変わったことが原因かもしれません。

スプレッドがどんどん不利になってきた

アジアンタイムのレンジ相場を狙うという通り、日本時間のAM7時頃にトレードが行われていました。

しかし、変動スプレッドにより、この時間帯のスプレッドは突出して広く、非常に不利なトレードになっていました。

EAのパラメータにある許容スプレッドは、デフォルト設定で5.0pips。

しかし、この設定で動かしても、実際のスプレッドがそれ以上のために、以下のようなメッセージと共にトレードがスキップされます。※forex.comで稼働

dorucana USDCAD: Spread is Wide

これも販売当時との相場の違いからなんでしょうね。

結局、許容スプレッドを8.0pipsまで広げて運用していましたが、かなり不利な状況だったと思います。

長期的に見ると右肩上がりなんだけど

販売サイトでのフォワードテストを見てみると、下図のようになってます。

販売サイトでの「dorucana」の運用成績

私が稼働させていた2011年12月からの成績を見比べてみると似たような感じになっているので、長期的に見ると、このグラフのように右肩上がりなのかもしれないですね。(しかし、勝率の高さには驚きです)

まぁでも、この状況だと資金効率も良くないので一旦停止ということで、このEAはしばらくお休みです。

ちなみにこのEA、テラスというサイトで購入したのですが、ここは口座縛りの制限がないので、後で使い回しもできて良いですね。

⇛ システムトレードのテラス

このページをシェアする
当サイト限定のタイアップ・キャンペーン情報
インヴァスト証券

自動売買プログラムが使い放題の「シストレ24」。フルオート機能により完全自動売買を実現。

当サイトからの口座開設で、通常より+5,000円のキャッシュバック!

私も実際に運用中。参考にしてみて下さい。