Parallels Desktopを使って、MacでMT4を使えるようにしたよ

by

Parallels3

MacでもMT4を使ってFXトレードがしたい。

それを実現すべく「Parallels Desktop」を導入して環境を構築したので、どんな感じなのかシェアしときます。

MacでMT4を動かすには

MT4を動かすには、基本的にはWindows環境が必要です。

Macでそれを実現するには、次の3つの方法があります。

  • VPSを借りてリモートデスクトップを使う
  • Boot Campを使う
  • 仮想化ソフトウェアを使う
  • Web版のMT4を使う(2016/9/29追記)

VPSを借りてリモートデスクトップを使う

Windows環境が使えるレンタルサーバーを借りて、Macからリモート接続で使う方法。

外部のデータセンターにあるサーバーを使うので停電などの心配がなく、FX自動売買のように24時間稼働させておくのに最適。

但し、月々2,500円程度のサーバー代が発生します。

私も自動売買用に1台借りています。

参考 → MT4(メタトレーダー)の24時間稼働におすすめのVPS

Boot Camp

Mac PCにWindowsをインストールして使う方法。

MacとWindowsの同時利用はできず、Windowsに切替えるのにPCを再起動しないといけません。

仮想化ソフトウェアを使う

Macに仮想化ソフトウェアをインストールし、Mac上でWindowsを動かせるようにする方法。

Boot Campと違い、PCを再起動しなくても、MacとWindowsの同時利用が可能。

いくつかソフトはあるのですが、中でも特に有名なのは「Parallels Desktop」。

Web版のMT4を使う(2016/9/29追記)

Web版MT4(FTXF)

もっと簡単に、MT4のマニュアル取引さえできればいい、という場合は、「FXTF(FXトレード・フィナンシャル)」の、Web版MT4「FXTF MT4ウェブトレーダー」というのもあります。

ブラウザで利用できるため利用環境を選ばず、もちろん「Mac」でも利用可能。

インストール版に比べて機能が制限されており、EA(自動売買)の利用不可ですが、MT4の操作性と標準搭載された数々のインジケーターで、MT4ならではのマニュアル取引ができます。

⇛ FXTF(FXトレード・フィナンシャル)

Parallels Desktopとは

Mac OS上で仮想環境を構築することができるソフトウェア。

Mac上からWindowsのアプリをシームレスに操作できるようになります。

先日、うちのMac環境を一新して「Parallels Desktop」環境を構築したので、その記事も参考にしてみて下さい。

→ Mac mini+Parallels Desktopで仕事もFXもゲームもパーフェクトな環境がでけた!

こんな感じで使えます

実際にどんな感じで使えるのかというと。

Windowsデスクトップ画面で使う

Mac上でWindowsのデスクトップ画面を開いて利用することができます。

Parallels1

Macのアプリのように使う

Windowsのデスクトップ画面を開かなくても、まるでMacのアプリのように利用することもできます。

Dockに配置した、WindowsにインストールしたMT4。

Parallels2

これをクリックすると、MacのアプリのようにMT4が開きます。

Parallels3

Windows環境を意識しなくてもいいので、想像を絶する使い勝手の良さです。

FX自動売買にはVPSを借りる方が安心

Parallels DesktopでMT4を動かす場合、当然ながら、Macを停止するとMT4も止まります。

24時間稼働する自動売買を動かす場合は、Macも24時間動かしておく必要があります。

しかし、Macはサーバーのように24時間稼働を想定した作りになっていないため、筐体が熱くなったり動作が不安定になったりという不安があります。また、停電やトラブルによる停止、電気代もバカになりません。

そのため、MT4を使って24時間365日動かしっぱなしのFX自動売買をする場合には、VPSを借りることを強くお勧めします。

紹介記事 ⇛ MT4(メタトレーダー)の24時間稼働におすすめのVPS

当サイト限定のタイアップ・キャンペーン情報
インヴァスト証券

自動売買プログラムが使い放題の「シストレ24」。フルオート機能により完全自動売買を実現。

当サイトからの口座開設で、通常より+5,000円のキャッシュバック!

私も実際に運用中。参考にしてみて下さい。