運用成績サマリー

投資種類ごとの運用成績サマリーです。

毎月の運用レポート

自動売買

各種、自動売買ツール(サービス)の運用成績です。

自動売買の運用成績
ツール 運用資金 実現損益 評価損益 通算利益率
MT4 FX自動売買 1,100,000円 +330,580円 0円 +30.05%
トライオートFX 300,000円 +15,838円 -27,859円 5.28%
トライオートETF 700,000円 -19,538円 -173,120円 -2.79%
シストレ24(休止) -370,710円
トラリピ(休止) +307,111円

月別の損益は、それぞれ次のようになっています。

自動売買の月別損益

各損益を合算した累計の推移です。

自動売買の累計位損益の推移

MT4でFX自動売買を始めた当初(2012〜2013年)は、ハイリスク・ハイリターンEAで荒稼ぎしては、一撃退場もあり得る無謀な運用をしていました。そこからミドルリスク・ミドルリターン型のものに切り替えてコツコツと回復し、順調に利益を積み上げています。

トラリピ」は資金管理ができずに含み損が膨らんでロスカットを数回。今はトライオートFXでトラリピ運用をしています。

全自動の自動売買サービス「シストレ24」は、うまく活用することができず、損失が膨らむばかりの状態に陥ったため、一時休止。ハイリスク・ハイリターンのFXに対して、同社の運営するミドルリスク・ミドルリターンのETF自動売買に切り替えました。

積立投資

毎月一定額をコツコツ積み立てている、積立投資の運用成績です。

外貨

外貨預金よりも有利なFXを利用して、外貨の自動積立を行っています。

外貨積立(米ドル円)の運用成績
累計投資額 評価額 評価損益 累計スワップ金利 通算利益率
343,706円 341,001円 -2,705円 +8,919円 +1.78%
SBI FXトレードでのUSDJPY外貨積立の運用成績

円高に振れて評価損が出ていますが、スワップ金利が大きいのでプラスを維持しています。

ロボアドバイザー

自動で国際分散投資を行ってくれるロボアドバイザーに、積立投資を行っています。

ロボアドバイザーの運用成績
サービス名 累計投資額 評価額 評価損益 通算利益率
WealthNavi 1,840,000円 1,689,864円 -150,136円 -8.12%
THEO 1,800,000円 1,686,501円 -113,499円 -5.65%
ロボアドバイザー(WealthNavi、THEO)の運用成績比較

世界同時株安で評価額が大きく減っていますが、こんな時こそ積立チャンス。

仮想通貨

「SBIバーチャル・カレンシーズ」で、仮想通貨の毎月積み立てを行っています。

仮想通貨 積立投資の運用成績
通貨 累計投資額 評価額 評価損益 通算利益率
XRP 56,270円 47,625円 -8,645円 -15.36%
BTC 37,865円 24,575円 -13,290円 -35.10%
BCH 19,044円 19,818円 +774円 +4.06%
ETH 9,524円 11,886円 +2,362円 +24.80%
SBI VCでの仮想通貨の積立投資の運用成績

仮想通貨(暗号資産)のバブルが弾けて下げ基調ですが、じわじわ上昇基調に転じ、数年後に大化けしている可能性にかけて、愚直に積立継続中。

貸付け

ソーシャルレンディングを使って、高金利の分配金が得られる投資案件に貸付けを行っています。

ソーシャルレンディング運用実績
事業者 合計貸付額 受取分配金(累計) 運用損失額 運用開始時期
SBIソーシャルレンディング 600,000円 20,605円 0円 2018年1月
maneo 600,000円 20,475円 0円 2014年3月
クラウドバンク 600,000円 143,386円 0円 2014年3月
OwnersBook 600,000円 5,415円 0円 2018年1月

各社より受け取った毎月の分配金と利回り(年利)の推移は次のようになっています。

ソーシャルレンディング運用実績(毎月の分配金受取額と利回り)

2018年はいくつかの事業者で問題が表面化し、うちでも利用している「maneo」の案件で返済遅滞が発生、元本毀損の可能性も出てきています。

そんな中、これまでのソーシャルレンディングとは一線を画す「Funds」という新しいサービスが開始予定で、私も口座開設を申し込み済。