インヴァスト証券 シストレ24

シストレ24で運用中のフルオート設定と運用成績

インヴァスト証券 シストレ24

インヴァスト証券のシストレ24で実際に運用中のストラテジーと運用成績を公開しています。

シストレ24の特徴もまとめていますので、参考にどうぞ。

シストレ24の運用成績

運用環境

運用ポリシー

フルオート機能により、毎週1回、自動的にストラテジー入れ替え。

フルオート機能の設定値

設定項目 標準 設定値
基本設定
フルオート名称 金の卵トップ1実現T50 金の卵トップ1実現T50
入れ替え頻度 1週間に一度 1週間に一度
最低運用資金 100万円 25万円
取引額 20k 5k
最大ストラテジー数 1 1
期間・収益 1ヶ月で実現損益の高い順で入れ替える 1ヶ月で実現損益の高い順で入れ替える
通貨ペア すべて すべて
ステータス 金の卵(OR検索) 金の卵(OR検索)
ステータス2 すべて(OR検索) すべて(OR検索)
詳細設定
詳細設定期間 6ヶ月 6ヶ月
プロバイダー すべて すべて
推奨証拠金 〜500001円未満 〜500001円未満
取引回数 30回以上〜 30回以上〜

シストレ24の運用成績(毎月1回月初に更新)

損益曲線(円)
シストレ24フルオート「金の卵トップ1実現T50」の運用成績(2016年12月)

ストラテジー別 実現損益(円)
シストレ24ストラテジー別の運用成績(2016年12月)

運用成績は、シストレ24 MIRROR TRADERの決済履歴のグラフをそのまま貼り付けたものです。

実際の運用状況はコチラの記事も参考にして下さい。 ⇛ 毎月の運用報告

シストレ24の特徴

インヴァスト証券のFX自動売買サービス「シストレ24」について、その特徴をまとめています。

シストレ24の強み

自動売買プログラムが使い放題

シストレ24のストラテジー

シストレ24の強みは、なんといっても世界No.1を誇るストラテジー(自動売買プログラム)の種類です。そして、それらは全て無料で使い放題

無料で利用できることがどれほど素晴らしいかというと、例えば、シストレ24で2015年最優秀のストラテジー「Beatrice 07」。これを私はMT4版のEAを購入して運用していますが、このEA購入費は34,800円もしました…

それでも購入した理由は、スプレッドが狭いFX業者など、有利な環境で運用できるメリットがあるためですが、、それでも1本数万円もするプログラムはそう何本も購入できるものではありません。

⇛ シストレ24とMT4 EAどちらが稼げるか「Beatrice07」で比較検証

また、1つ1つのプログラムがいくら優秀でも、どんな相場でも勝ち続けるプログラムはありません

FX自動売買で大切なことは、相場に合ったプログラムを動かし、合わないプログラムは外す、というように適時入れ替えしながら運用すること。

相場に合わせてストラテジー入れ替え

しかし、数万円もするプログラムを購入する場合は、コストが掛かりすぎて現実的ではありません。

そんな柔軟な運用を可能にするのが、シストレ24を利用する最大のメリットです。

実際、私はFX自動売買の運用には、1本1本プログラムを購入してMT4で運用することをメインに据えています。しかし、初期コストが掛かるのがネックで、なかなか柔軟な運用を行うことができずにいました。

そんな時、シストレ24で相場に合わせたプログラムの入れ替えまでも自動で行う「フルオート機能」が搭載されるということを知り、シストレ24の運用を開始した訳です。

シストレ24の弱み

スプレッドが若干不利

MT4向けFX業者では、0.5Pips固定など驚くほど狭いスプレッドを売りにしていますが、それと比較するとシストレ24は若干不利になります。

⇛ MT4対応おすすめ国内FX業者のスペック比較

というのも、シストレ24の優秀なストラテジーを利用するには、どこかでシステム利用料を吸収する必要があります。

それをユーザーが無料で利用できるカラクリとして、例えば次のように「スプレッド」にそのコストが積み増されています。(1,000通貨あたり1円の投資助言報酬がスプレッドに含まれています。)

シストレ24はスプレッドが手数料

とは言っても、プログラムを購入することに比べると微々たる数字です。

但し、スキャルピングなどの、小さい利幅で取引回数の多いロジックには、スプレッドが大きく影響するため不利かもしれません。

最低取引数量が5000通貨

もう一つ、これが結構ツライのですが、最小取引数量が5000通貨だという点。

MT4向けFX業者では、今では1000通貨からの取引が当たり前なので少額資金で運用することができるのですが、シストレ24では5000通貨からの取引となるため、ある程度の運用資金が必要になります。

例えば、人気のストラテジーをざっと見てみると、「推奨証拠金」が20万円〜30万円が中心のようです。

シストレ24の推奨証拠金

これは1万通貨で運用する場合に必要な証拠金です。5000通貨で運用する場合、推奨証拠金は半分になるのですが、それでも10万円〜15万円が必要になります。

複数のストラテジーを組み合わせてポートフォリオ運用する場合は、運用資金50万円ほどは必要だと思います。

以前は1000通貨から取引できていたのが、2014年4月にシストレ24のプラットフォームである「ミラートレーダー」が1000通貨から5000通貨に引き上げたため、シストレ24も5000通貨になりました。

相場に合わせて自動入れ替え「フルオート機能」

私がシストレ24の運用を始めたのは、この「フルオート機能」の搭載が決め手です。

フルオート機能とは、複数のストラテジーを組合せたパッケージである「フルオートファンド」を選ぶだけで、条件に従って、ストラテジーの稼働から入れ替えまで、全て自動で運用してくれる機能です。

相場に合ったストラテジーに入れ替えることが高いパフォーマンスを維持することに大切だということは上述しましたが、実際には入れ替えの判断は難しく、タイミングを逃して損失を発生しまうこともしばしば… それを解決してくれるこのフルオート機能です。

実際に、フルオート機能の有り/無しによる運用実績比較を見ると、その有効性は一目瞭然です。

シストレ24フルオート機能による運用成績の比較

うちでも、2016年9月10日リリース以降、フルオート機能による完全自動売買を実行中。(フルオート機能の設定値

⇛ シストレ24に関する記事