トラリピとは?コツコツ利益を積み重ねる長期運用型のFX投資

トラリピくん

コツコツと着実に利益を積み重ねる、資産運用に近いFX投資手法「トラリピ」。

その有効性と、毎日の値動きに一喜一憂しなくてもいい手軽さから私も長年利用しています。

トラリピとは

マネースクウェア・ジャパンが提供する、FXの自動発注機能「トラリピ」

トラリピは、トラップ・リピート・イフダンの略で、次の3段階で構成された注文方法です。

  1. イフダン注文(IFD)・・・新規注文と決済注文をセットで発注
  2. リピートイフダン注文(RIFD)・・・イフダン注文を繰り返し発注
  3. トラップリピートイフダン注文・・・リピートイフダン注文を等間隔に複数仕掛ける

狙った値幅の中で、いくつもの「新規注文」と「決済注文」を指値で一気に発注し、相場が動くと次々と注文が約定、それが繰り返される仕組み。

マネースクウェアのトラリピ

相場の高値・安値を狙うのではなく、上げと下げを繰り返すことによる値動きの総推移を狙うため、特にレンジ相場でその威力を発揮します。

また、一度設定すればほぼ放置しておけるので、毎日チャートを見て一喜一憂する必要もなく、日頃忙しいサラリーマンの方などにもオススメの手法です。

ちなみに、FXは8割ものトレーダーが負けていると言われていますが、トラリピに関しては6割のユーザーが損益プラス。実際に60ヶ月連続で預り資産が増えているというのが人気の証。

トラリピの成長

トラリピの仕組みや特徴については、公式サイトの情報が充実しているので、そちらも参考にしてみて下さい。

⇛ マネースクウェア・ジャパン

トラリピはマネースクウェアが特許取得している手法のため他の業者では利用できません。各社、類似サービスで追随。⇛トラリピだけじゃない。各社リピート系注文の種類と特徴。

高金利通貨と相性の良いトラリピ

高いスワップ金利が魅力の、資源国通貨(豪ドル、NZドルなど)や新興国通貨(南アフリカランド、トルコリラなど)。

そんな高金利通貨とトラリピは、相性の良い組み合わせと言われています。

  • 高金利通貨は値動きが荒くなりがち ⇛ トラリピの回転数が高い(高利益)
  • トラリピは買ってから決済まで長くなりがち ⇛ その間のスワップ収益が見込める

中でも金利の高いトルコリラ/円について、マネースクウェアでも取扱を開始。豪ドルなどに比べて1通貨の値段が安いため、少額資金でも始められるのは嬉しいポイントです。

私もトルコリラ/円でトラリピ運用中

簡単にできるトラリピ注文

トラリピの注文は、初心者でも簡単に設定できるようになっています。

らくトラ注文

らくトラ注文

仕掛けるレンジを決めて、トラリピを一発で発注することができる「らくらくトラリピ注文」。

画面に従って設定していくだけで、説明も丁寧なので、初心者も迷うことなく注文することができます。

ランキングから選んで注文

トラリピ・ランキング

利益率の高い順にバックテスト結果を見ることができる「トラリピ・ランキング」。

選んだバックテスト結果から1クリックで、設定をそのまま注文することもできます。

トラリピのリスクと対策

全ての投資において、リターンとリスクはセットです。大切なのは、そのリスクを把握し、どう対策するかを考えておくことです。

トラリピにおけるリスクは、主に次の2つが挙げられます。

トラリピのリスク

どちらも、想定していたトラリピのレンジからレートが外れた時に発生するものです。

  1. 逸失リスク:儲け損なうリスク
  2. 損失リスク:損失が膨らんでいくリスク

中でも、気を付けないといけないものは「損失リスク」です。レバレッジぎりぎりまでポジションを抱えていると、その損失はみるみる膨れ上がって、ロスカットなんてこともあり得ます。

対策としては、利益率は下がりますが、1本あたりの通貨単位を細分化させて本数を増やし、レンジを広げるなどが有効です。

短期間で狙う利益ではなく、小さな利益を着実に積み重ねる。トラリピのリスク対策で大切なことは「欲張らないこと」。コレに尽きます。

もっと詳しくトラリピのことが知りたい

トラリピに興味がある方、これからトラリピを始めるにあたって運用のコツが知りたい方。

そんな方にはコチラの書籍が参考になります。

私もこの本を参考に、少額資金から始める「高金利通貨&トラリピ」の運用中です。

私のトラリピ設定や運用成績もコチラのページで公開していますので、参考にしてみて下さい。

現在運用中のトラリピ

他社トラップリピート系注文でトラリピ同様の運用

トラリピ(トラップリピートイフダン)は、マネースクウェア特許のFX手法ですが、他社でもトラリピ同様の運用ができるFX業者があります。

興味のある方は、コチラの記事も参考にどうぞ。