SCH-Trend system

SCH-Trend system〜EAの特徴と現在の設定・運用成績〜

本番口座で稼働中の「SCH-Trend system」について、EAの特徴を紹介します。

現在の運用成績・運用環境・EAのパラメータ設定も公開しています。

「SCH-Trend system」の運用成績とEA設定

EAの概要

  • EA名称:SCH-Trend system
  • システムの戦略:スイングトレード
  • 対応通貨ペア: GBP/JPY(15分足)

本番口座での運用成績

2015年2月9日〜2017年7月31日まで稼働。現在停止中。

運用していた期間の、ライブ口座での運用成績です。

SCH-Trend system

現在の運用環境とパラメータ設定

運用環境

FX業者 アカウント種類 レバレッジ 運用資金
FOREX.com MT4 25倍 20万円

MT4運用環境(VPS) VPS設置場所(日本/アメリカ) EAのバージョン
お名前.com デスクトップクラウド for FX アメリカ 1.24

パラメータ

パラメータ 標準 設定値 説明
Lots 0.3 0.03 取引きロット数
TakeProfit 400 400 利食い値(Pips)
StopLoss 120 120 損切り値(Pips)
Exit 300 300 含み益決済値(Pips)
SafetyMODE false false true:相場に勢いがある時にエントリーが厳選される
Slippage 20 20 スリッページ(Pips)
GMT 2 9 各証券会社のGMT
Summertime true false サマータイム補正
EU_Summertime true false EU式サマータイム
Retrytime_Duration 15 15 リトライ機能
NY_Closetime_Entry_Offset 0 5 0:00のエントリーを任意で遅らせる

「SCH-Trend system」の特徴

システムの説明(公式ページより抜粋)

トレンドフォロータイプのスイングEA。

ボラティリティの大きいGBPJPY専用。ナンピン、マーチンゲールは行わず、片側1ポジションで勝負します。

「相場の転換点にエントリー」×「利大損小で決済」の相乗効果にて利益の積み上げを図っています。

過剰カーブフィット抑制のため、エントリーフィルターを最大限排除していますが、多角的視点の決済ロジック採用により、利益を残せるように工夫しています。

システムの特徴

  • 利大損小のトレンドフォロー
  • 非ナンピン、非マーチンゲールタイプのGBP/JPY(15分足)専用
  • 両建てあり

SCHサイン

このEAのコンセプトは、徹底したカーブフィットの排除。

それを実現するための答えは、シンプルでありながら難しい「トレンドに乗ること」。

トレンドに長く乗ることを狙って設計した「SCHサイン」は、開発者が長年の相場観察の末に編み出した、低カーブフィット・トレンドフォロー型ロジックです。

レンジ相場にも負けない

一般的に、順張りタイプのシステムは、トレンドの出ていないレンジ相場に弱いもの。

しかし、このEAの場合は、戦略的に両建てを行うことで損失の拡大を回避、さらにチャンスがあれば薄利でも利益を狙います。

バックテストでは7年間で7倍に

2007年1月〜2014年10月の期間で実施されたバックテストでは、7年間で100万円が701万円になるという驚愕の運用成績を叩き出しています。

SCH-Trend systemバックテスト

ただ、私の場合、バックテストはいくらでもパラメータチューニングができるので、あまり参考にはしていません。

ところがこのEA、fx-onで掲載しているフォワードテストでも、販売後4ヶ月で100万円⇛140万円になっています。さて、どこまで伸びていくのか。

スキャルピングEAとの併用で

しかし、どんなEAも万能はあり得ないので、調子が悪い時もあります。

利大損小のスイングタイプであるSCH-Trend systemが不調な時は、EURUSDのスキャルピングEAなどは好調に推移していることだと思います。その逆も然り。

という訳で、うちのエースEAでもある、EURUSDスキャルピングEA「Forex White Bear V3」。この2つがお互いを支え合う良い関係になりそうです。

重要指標発表時もEA止めない運用

スキャルピングのように少ない利益を高確率で積み上げていく、いわゆる「利小損大」のEAは、米国雇用統計などの相場が大きく動きそうな時には必ずEAを停止しています。

一方で、このEAのように「損小利大」のEAは、そういった場合も止めずに運用を続けています。

損失方向に動けば、余程の動きでない限り-120pipsのストップに刺さって損失は限定され、利益方向に動けば、T/Pは400pipsと遥か上に設定されているため、利益を伸ばせる可能性がある。という考えです。

エントリー・クローズの様子

2015年2月17日〜27日のエントリー・クローズの様子です。

SCH-Trend systemのエントリー・クローズの様子

ボラティリティの大きいGBPJPYなので、エントリー回数も多いですね。

勝ち負けを繰り返しつつも、損小利大のトレードで、トータルで右肩上がりの結果となっています。

FX口座の運用要件

このEAをどのFX業者で動かそうか思案していたのですが、主に次の2つが稼働要件になっていました。

  • GMT+2の業者の方が高パフォーマンス
  • 両建て可能であること

このうちGMTに関しては、EAのバージョンアップ(ver1.10)で補正機能が追加されたことで、GMT+2以外の業者でも稼働可能になりました。

ということで、うちではGMT+9の「FOREX.com」で動かしています。

参考記事 ⇛ MT4対応オススメ国内FX業者のスペック比較

運用するFX業者によりパフォーマンスが異なる

ちなみにこのEA、利用するFX口座(業者)によってパフォーマンスが異なる傾向にあります。

参考に、fx-onのフォワードテストは「FxProデモ口座」で運用しており、うちは「FOREX.com」で運用しています。

見比べるとわかりますが、比較的「FOREX.com」の方が好成績だと思います。

「SCH-Trend system」プレゼント キャンペーン

FXTF×SCH-Trend systemタイアップキャンペーン」を利用して、FXTFで口座開設をすると、「SCH-Trend system」のEAが無料で貰えます。

FXTF×SCH-Trend systemタイアップキャンペーン201704

「SCH-Trend system」も、購入すると32,800円と良いお値段がするEAなので、このキャンペーンは嬉しいですね。

⇛ このEAの過去記事