Forex Racco V2、米国時間帯のみ稼働でのパフォーマンス

Forex Racco V2 〜EAの特徴と現在の設定・運用成績〜

ライブ口座で稼働中の「Forex Racco V2」について、現在の運用成績とEA設定です。

「Forex Racco V2」の運用成績とEA設定

EAの概要

  • EA名称:Forex Racco V2
  • システムの戦略:逆張りスキャルピング
  • 対応通貨ペア: EUR/USD(5分足)

ライブ口座での運用成績

2012年10月8日〜2013年3月1日まで稼働。
Forex White Bear V1」に引継ぎ、運用停止。

運用していた期間の、ライブ口座での運用成績です。

Forex Racco V2の運用成績

現在の運用環境とパラメータ設定

運用環境

ブローカー レバレッジ 運用資金 EAのVer.
Pepperstone EDGE Standard 400倍 10万円 v2.64

パラメータ

パラメータ 標準 設定値 説明
CountDownMode true true カウントダウン方式
lots 0.1 0.1 取引ロット数
mm true false 複利運用
risk 3.0 3.0 MM時のレート設定(負けトレード時の損失が余剰証拠金の3%分)
takeprofit 8 8 利食いのpip数
stoploss 48 48 損切りのpip数
rev_martingale false false 逆マーチンゲール機能
その他パラメータ 標準値
ニュースフィルター設定
use_NewsFilter false true ニュースフィルター機能
DayOfTheWeek 5 5 曜日の設定(5:金曜日)
Hour_of_News 12 12 指標の時間帯(GMT12:日本時間21時)
PreHour_of_News 2 2 EA停止開始(2時間前)
PostHour_of_News 3 3 EA停止終了(3時間後)

「Forex Racco V2」の特徴

システムの説明(公式ページより抜粋)

Forex Racco V2は、30分足順張り方向に、5分足で逆張りにエントリーするスキャルピングEAです。

使用する通貨ペアはEUR/USD(5分足)で、24時間稼働タイプ概ね米国時間帯に稼動します。

開発のコンセプトは、小額資金でも運用ができること、高勝率、低ドローダウン、高PFの低リスク・安定EAです。目指すはストレスフリーです。

24時間稼働⇛米国時間帯のみ稼働への変更

Raccoはアジア時間の成績がいまいちで、その時間帯を避けるようにすれば飛躍的に勝率が上がるのでわ、と以前から言われていました。(私も一時Raccoは動かしていたのですが、思うように成績が伸びず、一旦運用停止。)

そして遂に、V2.60では、24時間稼働⇛米国時間帯のみ稼働へと変更され(パラメータで時間帯は変更可)、しばらく様子を見ていたのですが、かなり堅調に推移しているようです。(↓はfx-onでのフォワードテスト)

Forex Racco V2、米国時間帯のみ稼働でのパフォーマンス

もともと、エントリータイミングが神懸かっている、と絶賛されていたEAなので、私もこれを受けて再稼働させました。

逆マーチンゲール機能

一般的なマーチンゲールと違い、逆マーチンゲールでは直前のトレードの損益がプラスで終わった場合に、次のエントリーでLot数を増やします。

右肩上がりのEAに非常に有効な機能で、連勝が続いている間にLot数を増やして利益を積み上げ、負けた場合、元のLot数に戻し、連敗による損失の拡大を防ぎます。

指標バスターに対応

「ORION FX」がサービス提供している、「指標バスター」。

MT4が稼働するPCにインストールしておけば、重要指標発表の前後にEAを自動で停止し、突発的な相場変動によるリスクを回避させることができます。

非常に期待のもてる機能で、Raccoの開発者「Penguin」さんは、自分のEAに積極的に対応させています。

実際に指標バスターと連動させることで、さらに勝率は上がっているそうです。

ただし、まだベータ版ということで、スケジュールは手動アップデートです。
ちなみに、当サイトのパフォーマンスは、指標バスターを利用していないものです。

⇛ 指標バスター

⇛ このEAの過去記事