コツコツEURJPY〜EAの特徴と現在の設定・運用成績〜

ライブ口座で稼働中の「コツコツEURJPY」について、現在の運用成績とEA設定です。

「コツコツEURJPY」の運用成績とEA設定

EAの概要

  • EA名称:コツコツEURJPY
  • システムの戦略:スキャルピング
  • 対応通貨ペア: EUR/JPY(5分足)

ライブ口座での運用成績

2013年9月25日〜2013年11月28日まで稼働。

運用していた期間の、ライブ口座での運用成績です。

コツコツEURJPYの運用成績

現在の運用環境とパラメータ設定

運用環境

ブローカー レバレッジ 運用資金 EAのVer.
Pepperstone EDGE Standard
FinalCashBack経由
400倍 35万円 08

パラメータ

パラメータ 標準 設定値 説明
MM true true 複利運用
MMdenominator 300.0 50.0 複利運用。証拠金の1/50を基本ロット数に自動計算
CrossTrade true true 両建てする
LastStopMoney 0.0 0.0 含み損が設定金額以下になると全決済
SaturdayStop true true 土曜日の取引中止

「コツコツEURJPY」の特徴

システムの説明(公式ページより抜粋)

ユーロ円の長年の癖を狙いコツコツ稼ぐEA。

  • 両建てあり(保有ポジションと逆方向へもエントリーチャンスがあればエントリー)
  • ナンピン・マーチン有り

新たに両建て機能を搭載

2013年10月のバージョンアップで、待望の両建て機能を搭載しました。

通常の片建てのマーチンであれば、どちらかの方向が行き詰った状態だとポジションが決済されるまで数日~数週間取引が進行しませんが、このEAはもう片方の方向にチャンスがあれば、そちらの方へ別ポジションを持ち稼動します。

FXの特性上、片方が行き詰まるという事は、その逆方向は稼げるということです。

ナンピン・マーチン

ナンピン・マーチンは、基本ロットの1倍、2倍、3倍、8倍、13倍の最大5回まで。

一般的なマーチン系EAは何段目になっても固定Pipsを抜いて撤退するのに対し、このEAは少し動きが違います。

コツコツEURJPYの場合は、早い段階で撤退できない場合は、スイングトレードのように利確値が大きくなる仕様のようです。

このロジックにより、これまで大きく利を伸ばしているのが特徴です。

エントリー・クローズの様子

2013年10月15日〜11月19日のデータです。(4時間足)

コツコツEURJPYエントリー・クローズの様子

コツコツという名とは裏腹に、エントリー数は相当多いのがわかります。

ただ、この期間に2回ほど、マーチン3段目まで抱えることになりました。

推奨ロットである小さめの取引ロット数では問題ない範囲ですが、私のように欲を出してロット数を増やしているとヒヤヒヤすることになるので、控えめな運用が良いのかもしれません。

同じシリーズで「がっつりGBPUSD」というのも

コツコツとでなくガッツリ稼ぎたいというのであれば、同開発者の「がっつりGBPUSD」というEAもあります。

私も運用しているので、参考にどうぞ。

⇛ がっつりGBPUSD

⇛ このEAの過去記事