勝てるMAX1と勝てるMAX2のパフォーマンス比較

勝てるMAX2!「ザ、FX EURUSD」〜EAの特徴と現在の設定・運用成績〜

ライブ口座で稼働中の「勝てるMAX2!「ザ、FX EURUSD」」について、現在の運用成績とEA設定です。

勝てるMAX2!「ザ、FX EURUSD」の運用成績とEA設定

EAの概要

  • EA名称 : 勝てるMAX2!「ザ、FX EURUSD」
  • システムの戦略 : 両建てスキャルピングマーチン
  • 対応通貨ペア : EUR/USD(5分足)

ライブ口座での運用成績

2012年9月28日〜2013年11月13日まで稼働。

運用していた期間の、ライブ口座での運用成績です。

勝てるMAX2!「ザ、FX EURUSD」の運用成績

現在の運用環境とパラメータ設定

運用環境

ブローカー レバレッジ 運用資金 EAのVer.
Pepperstone EDGE Standard
FinalCashBack経由
400倍 20万円 Rev1.23

パラメータ

パラメータ 標準 設定値 説明
MM true true 複利運用
MM_001LotsBy 1000 800 複利運用。証拠金$800に対して初回エントリー0.01lot
Friday_Filter true true 金曜の取引時間を設定するかどうか
FridayStartTime 0 0 金曜の取引開始時間
FridayStopTime 8 8 金曜の取引終了時間
その他パラメータ 標準値

「勝てるMAX2!「ザ、FX EURUSD」」の特徴

システムの説明(公式ページより抜粋)

勝てるMax(1)を軽く凌駕!

EURUSD専用の両建てスキャルピングマーチンEA。
10万円からでも「フル稼働します!」。

「勝てるMAX2」は前シリーズの「勝てるMAX(1)」とは取引タイミングなどよく似ていますが、相場の局面時には逆方向の売買もします。

「勝てるMAX(1)」が相場の局面にはできるだけ取引を控えるのに対して、「勝てるMAX2」は積極的に取引をするようになっています。

勝てるMAX(1)の2倍以上の差が出る

両建てスキャルピングマーチンとか、ロジックのベースとなるのは、前作「勝てるMAX(1)」。特徴はコチラを参考に。

⇛ 「勝てるMAX(1)」のEA特徴と現在の運用成績

勝てるMAX2では、より積極的にトレードするとのことで、FXDDのライブデータを用いたバックテスト(2005年〜2012年5月)で、なんと、前作の2倍以上の成績を出しています。

勝てるMAX1と勝てるMAX2のパフォーマンス比較

個人的には、前作の手堅いエントリーも好きなのですが、今作のアグレッシブな方も期待できそう。

勝てるMAX1と2のエントリー比較

2012年10月のエントリーの様子です。

2012年10月の勝てるMAX(1)のエントリー

2012年10月の勝てるMAX2のエントリー

似たようなタイミングのエントリーもありますが、勝てるMAX2の方が圧倒的に積極的なトレードだということがわかります。

ちなみに、この1ヶ月のエントリー回数は、勝てるMAX(1)が3回と控えめだったのに対し、勝てるMAX2は18回でした。(ナンピン含まない)

他のEAとの連携もできる

また、前作同様、1つの口座で他のEAと連携する機能も付いています。

これについても、勝てるMAX(1)の紹介ページを参考に。ちなみに、勝てるMAX1と2の連携なんてのも可能です。

⇛ 「勝てるMAX(1)」のEA特徴と現在の運用成績

⇛ このEAの過去記事