MT4(メタトレーダー)の運用にオススメのVPS

MT4(メタトレーダー)の24時間稼働におすすめのVPS

MT4でFX自動売買を行うには、インターネットに常時接続・24時間稼働しているPCが必要になります。

自宅PCを24時間起動しておくのは難しいため、VPS(レンタルサーバー)を利用します。

ここでは、VPSが必要な理由と、私も利用しているオススメのVPSを紹介します。

VPSの必要性

MT4を24時間稼働させるために

24時間稼働

MT4によるFX自動売買では、パソコンをインターネットに24時間接続させ、EAに値動きを監視させながら取引を継続します。

そのためには、24時間パソコンの電源をONにしておく必要がありますが、当然、電気代が高くなったり、コードが抜けたりコーヒーや水がこぼれて漏電したり、地震や雷雨による停電の可能性もあります。

PCトラブル

自動売買で24時間取引するということは、いつどのタイミングでポジションを持つかわからない状態ということなので、パソコンが24時間正常に稼働できなくなる可能性を極力小さくする必要があります。

MT4による自動売買は機械任せのトレードなので、人が常にパソコンの前にいなくても済むという大きなメリットがある反面、機械任せだからこそ想定しておかなければならないリスクや手間もある訳です。

そこで、これらのリスクを極力抑えるために利用するのがVPSです。

自動売買を本格的に実施していくには、誰もが必ず利用することになります。

Windowsパソコンを持っていない場合でも

また、MT4がインストールできるのはWindows環境に限られます。私もそうですが、Macしか持っていないとMT4を利用することができません。(一部FX業者に限りMac用MT4を提供しています)

そんな場合も、VPSを借りれば、Windows環境が利用できるようになります。

MT4のためだけにパソコンを準備するにしても、パソコン購入費用やWindowsのOSラインセンス費用などを考えると、VPSの方がお手軽でオススメです。

Mac上でMT4を動かす場合には、Windows仮想環境を立ち上げるという手もあります。 ⇛ Parallels Desktopを使って、MacでMT4を使えるようにしたよ

VPSとは?

VPSは「Virtual Private Server」の略で、「仮想的に専用サーバーと同等の機能を提供するサーバー」のこと。

Windows VPSサーバー

要は、自宅のパソコンやスマートフォンから、手元にあるパソコンを操作するのと同じように、安全な環境に設置されたサーバー内にあるWinodwsのデスクトップ環境を、自由にリモート操作できるサービスです。

利用イメージはこのような感じで、VPS上のWindowsにMT4をインストールし、自宅のパソコンからインターネット接続して利用します。

VPS利用イメージ

VPS上でMT4を稼働させた後は、VPSへの接続を切って自宅PCの電源を落としても、VPSの電源は入っているのでMT4も24時間起動し続けます。

ただし、24時間365日稼働するように最適化されているVPSであっても、動作が重たくなることもあるので、週1回は再起動しておいた方がいいです。

代表的なVPSサービス

Windowsデスクトップ環境として、さまざまな用途で使われるVPSですが、中でもFX MT4の運用に特化したVPSは「お名前.com デスクトップクラウド」と「使えるねっと 」の2社にほぼ絞られます。

お名前.com【デスクトップクラウド】
使えるねっと

どちらも似たようなサービス内容と価格帯になっていますが、それぞれのスペックを簡単に比較しておきます。

VPS2社の比較

最も安いプランでのスペックを比較表にまとめました。

2016年8月、「使えるねっと」がリニューアルして、Windows Server 2012 R2になりました。また、メモリ、HDDのスペックも上がっています。

お名前.com
for FX メモリ1GBプラン
使えるねっと
シルバープラン
OS Windows Server 2012 R2 Windows Server 2012 R2
メモリ 1GB 2GB
ディスク容量 50GB 50GB
VPS設置場所 日本/アメリカ 日本/アメリカ
初期費用 0円(キャンペーン中) 0円(キャンペーン中)
月額費用 2,400円(税抜)1ヶ月契約
2,240円(税抜)6ヶ月契約
2,160円(税抜)1年契約
1,781円(税抜)2年契約
2,980円(税抜)1ヶ月契約
2,680円(税抜)6ヶ月契約
2,480円(税抜)1年契約
2,280円(税抜)2年契約

それぞれ、スペック(性能)別にプランが用意されていますが、まずは最も安いプランで充分だと思います。

ちなみに私は、MT4を5つ稼働させていますが、利用しているのは「お名前.com」の最安プラン(メモリ1Gプラン)です。

オススメのVPSは「お名前.com デスクトップクラウド」

私が「お名前.com デスクトップクラウド for FX」を利用している理由。

それは、低価格に加え、24時間365日安心して運用できる次のような機能を備えているからです。

お名前.com デスクトップクラウド for FXの特徴

お名前.com デスクトップクラウドは、利用用途に合わせて「スタンダード」「for Windowsアプリ」「for FX」の3つのプランが用意されています。

この中でMT4の運用に利用するのは「for FX」プランで、次のような特徴があります。

FX自動売買に特化

MT4に特化した環境

他のVPSでは、WebやメールなどWindowsデスクトップ環境としての機能が充実している反面、設定が複雑であったり、余計なサービスが稼働することで安定面に欠けることがあります。

「お名前.com デスクトップクラウド」では、FX自動売買に必要のない機能が全て撤去されています。

これにより、24時間365日安定した自動売買ができる環境を実現、また、難しい操作や設定も必要ないのが大きな特徴です。

設置場所にアメリカを選択可能

マルチリージョン対応

サーバーの設置場所は「日本」と「アメリカ」のどちらかを選べる、「マルチリージョン」のサービスも開始されました。

FX業者のサーバーがアメリカにある場合は、アメリカ設置のVPSを利用することで、よりスピーディーな発注が可能になります。(海外業者だけでなく日本のFX業者もサーバーはアメリカにあることが多い)

スキャルピングなどは、コンマ数秒のレスポンスで成績が大きく変わるので、非常に有難いですね。

私もアメリカ設置のVPSを利用しています

Windows Server 2012でより安定した環境に

Windows Server 2012

前身「お名前.com Windowsデスクトップ」から「お名前.com デスクトップクラウド」へのリニューアルで、サーバーOSも「Windows Server 2008」から「Windows Server 2012」になりました。

これにより、セキュリティ面や、信頼性、パフォーマンスがパワーアップ

また、仮想環境を実現する「Hyper-V」も新しくなったことで、安定性が向上し、よりハイスペックなデスクトップ環境を実現。とのことです。

私の環境(メモリ1GBプラン)では、MT4✕5個、EA✕15個を動かしているのですが、旧環境では操作時に若干カクカクしていたのが、新環境ではサクサクと快適に動くようになりました(・ω・)b

Macやタブレット、スマホからも利用可能

クラウド型デスクトップサービス

お名前.com デスクトップクラウドは、インターネット経由でデータセンターにある仮想デスクトップにアクセスして利用します。

リモートデスクトップ接続を利用することで、MacやiPad、iPhone、Androidなどのさまざまなデバイスから、いつでもどこでもWindows環境を利用することができるという訳です。

また、MT4の操作方法から各種設定方法までわかりやすく解説された入門書も付いているので、これからFX自動売買をはじめようという方も安心。是非お試しあれ。

GMO株主優待で年1万円の割引

GMOインターネット株主優待

また、お名前.com デスクトップクラウドを利用する場合は、運営会社である「GMOインターネット(9449)」の株主優待を活用すると、大きな割引が得られます。

株主優待の特典は、次の内容が年2回

  • GMOくまポンギフト券2,000円分(500円×4枚)
  • GMOクリック証券の売買手数料を最大5000円キャッシュバック
  • GMOグループサービス利用料5000円割引 (お名前.com デスクトップクラウド含む)

⇛ GMOインターネット株式会社の株主優待制度

「お名前.com デスクトップクラウド」の利用料金だけでも、10,000円/年の割引き
優待利回りデカすぎです(・ω・)b