インストール完了すると自動でMT4が立ち上がる

MT4(メタトレーダー)のインストール・設定手順

ここでは、MT4(メタトレーダー)をPCにインストールする手順を紹介します。

MT4のインストール手順

1.MT4インストーラーのダウンロード

MT4を稼働させるPCに、MT4のインストーラーをダウンロードします。

MT4はWindows環境でしか動きません。Macで利用する場合は「VPS」を利用するか、次のような方法があります。⇛ Parallels Desktopを使って、MacでMT4を使えるようにしたよ

口座開設したFX業者のサイト、もしくは口座開設完了メールから、そのFX業者専用のMT4をダウンロード。

以下は、「FXトレード・フィナンシャル(FXTF)」の例:

FXTFのマイページにログインし、メニュー「FXTF NT4」をクリック。

FXTFマイページから「MT4」をクリック

「MT4ダウンロード」をクリック。

「MT4ダウンロード」をクリック

ダウンロードした、FXTF専用のMT4インストーラー。

ダウンロードしたFXTF専用のMT4インストーラー

2.MT4インストール先のフォルダ作成

MT4をインストールするフォルダを作成しておきます。

1台のPC上で複数のMT4を稼働させる場合、各MT4がどの口座のものか判別するために、分かりやすいフォルダ構成にしておくことをお勧めします。

私の場合、Cドライブ直下に「MetaTreder」フォルダを作成し、その配下に「FX業者名」フォルダを作成しています。(同じFX業者で複数口座利用する場合は、そこで稼働させるEA名を付加するなど)

複数MT4をインストールする時のためにフォルダ分けしておく

3.MT4のインストール

ダウンロードしたMT4インストーラーをダブルクリックし、インストールを実行します。

「ライセンス条項に同意する」にチェックを付け、インストール先フォルダを指定するために、「設定」ボタンをクリック。

設定ボタンをクリック

インストール先に2で作成したフォルダを指定します。

メタトレーダーのコミュニティサイトへの登録はここでは不要なので、「オープンMQL5.communityウェブサイト」のチェックを外し、「次へ」をクリック。

インストールフォルダを指定して次へをクリック

しばらくするとインストールが完了し、MT4が自動で立ち上がります。

インストール完了すると自動でMT4が立ち上がる

4.MT4へログイン

起動したMT4の前面に、取引サーバーの選択画面が表示されます。

デモ口座を利用する場合は、デモ口座を選択して必要情報を入力すると、即座にデモ口座を利用できるようになります。

ここでは、デモ口座の申請はせずに、本番口座へログインする方法を記載します。(デモ口座は後からでも申請できます)

本番口座「FXTrade-Live」を選択し、「次へ」をクリック。(FX業者によってサーバー名称は異なります)

MT4本番口座へログイン

ログイン情報の入力画面が表示されるので、既存のアカウント「ログイン」「パスワード」を入力して、「完了」ボタンをクリック。(ログイン情報は、口座開設の書類などに記載されています)

MT4ログイン情報の入力

ログインに成功すると、ナビゲーターの「口座」に、「ログインID:氏名」が表示されます。

MT4のログイン成功

MT4初期画面で開いているチャートは特に必要ないので、右上の「☓」で閉じても問題ありません。

不要なチャートは閉じる

以上で、MT4(メタトレーダー)のインストールは完了です ∩(´∀`)∩

あとは、FX業者の指示に従って、口座に入金すれば、取引可能な状態となります。

MT4をサクサク快適に動かすのに、コチラも参考にしてみて下さい。
⇛ たったこれだけでMT4(メタトレーダー)の動作が随分と軽くなるよ