システムトレードロボット

MT4 EAを購入する際の注意点と、おすすめEA販売サイトの紹介

システムトレードロボット

MT4の環境が整ったら、次はいよいよ自動売買プログラム「EA(Expert Advisor)」探し。

ここでは、EAの主な種類と、EAを購入する際の注意点、EAを無料で入手できるサイト、おすすめのEA販売サイトを紹介します。

EAの種類(トレードスタイル・戦略)

まずは、EAの主な種類(トレードスタイル・戦略)を紹介します。

スキャルピング

スキャルピングとは、数分から長くても数十分で売買を繰り返して、薄い利益でも回数を多くして大きな利益にするトレードスタイル。

私もこのタイプのEAをメインに据えており、次のEAを稼働させています。

スイングトレード

スイングトレードとは、ポジションを数日〜と比較的長時間保有するトレードスタイル。

レンジ相場などでは燻りがちですが、トレンドを捉えることができれば、大きな利益を狙うことができます。

ナンピン・マーチンゲール

エントリーに対して相場が逆行した場合、更にポジションを買い増して、平均建値を下げるトレードスタイル。(ナンピン)

マーチンゲールの場合は、買い増すポジションを2倍、3倍と増やすことで、ナンピンの効果を加速させます。

これにより、負ける確率は大きく下がり、普段の収益性は圧倒的に高くなります。一方で、相場の逆行が止まらない場合、損失は倍増していくリスクがあるため、資金管理には注意が必要です。

私もこのタイプのEAをいくつか稼働させていましたが、米国雇用統計などの相場が急変するタイミングは避けることで、リスクを抑えるように注意していました。

IFD注文方式(トラリピ)

IFD注文(イフダン/If Done)とは、エントリー注文と決済注文を一度に出す注文方法です。

一定の間隔でIFD注文を出し(トラップトレード)、それにリピート機能を付けたものが「トラリピ(トラップリピートイフダン)」です。

マネースクウェアのトラリピ

MT4 EAでもトラリピ同様の動きができるモノもあり、私も過去に運用していました。

EAを購入する際の注意点

次に、EAを購入する際の注意点をいくつか紹介します。

過去検証データ(バックデータ)は簡単に信用してはいけない

ネット上では、無料のものから有料のものまで、数多くのEAを購入・ダウンロードできるところがあります。

そういったページの大半では、めちゃめちゃ儲かります!というような誇張表現の広告と共に、その証拠として、以下のような画像データが貼り付けてあります。

過去検証データは鵜呑みにしてはいけない

これは、MT4の機能を使って、過去データをもとに検証した結果(運用成績)で、MT4で自動生成されるものです。

一見すると、右肩上がりで儲かる素晴らしいEAだ!と思うかもしれませんが、要注意。

というのも、過去データはあくまで過去データ。既にあるデータに合わせてEAを最適化しているだけの可能性もあるからです。

参考記事 ⇛ MT4 EAを検証するバックテストとパラメータ最適化の手順

極端なことを言えば、過去検証期間中の負けトレードを何らかのルールを加えることで、全て逆に取引して利益に変えてしまう。なんてことも可能です。

なので、過去検証データは参考程度に留めておき、今現在の取り引き結果であるフォワードテストの結果を見る必要があります。

フォワードテストは損益だけでなく、含み損をどれだけ抱えるかにも注目

大手EA販売サイトでは、各EAのフォワードテストを開示しています。

「AirForcePlus_AUEU」の運用成績

バックデータのように誤魔化すことができないので、信頼できる情報です。

しかし、ここでも注意点があります。

それは、ほとんどのEA販売サイトでは、確定損益の情報しか開示されていないこと。

例えば、「トラリピ」のように「含みありき」で「プラス決済のみ」なEAなんかは、「損益」表示だけだと右肩上がりで儲かるようにしか見えません。

でも、実際は「含み」を抱えてるわけなので、「損益」は増えてても「有効残高」は減ってたりします。

例えば、この運用成績は「AirForcePlus_EUAUAirForcePlus_EUAU | fx-on.com」のものですが、EA販売サイトの運用成績を見ると右肩上がりに見えます。

「AirForcePlus_AUEU」の運用成績

そして、これが私が運用している「AirForcePlus_EUAU」の運用成績。

損益は右肩上がりなのですが、同時に含み損も増えて有効残高が減っていることがわかります。

「AirForcePlus_AUEU」の運用成績

なので、損益だけでなく含み損も併せ、実際どのように推移するのかを見極める必要があります。

上図のグラフは、「Myfxbook」というMT4の情報分析サービスで、個人トレーダーが自分の運用成績を公開しているものが多数あります。

このような情報と併せて、購入しようとしているEAがどのようなものなのか、慎重に検討することが大切です。

当サイトでは透明性高い情報提供を心掛け、運用環境(FX業者、運用資金、パラメータ設定)を全て掲載、本番口座での運用成績をmyfxbookで全て公開していますので、EA購入の際には参考にしてみて下さい。

⇛ 現在稼働中のMT4 EAの運用成績

勝てるEAを選ぶためのテクニック

玉石混交のEAの中から、確実に儲かるものを探したい。そんな場合は、この本が勉強になります。

FX関連書籍としては珍しい、FX自動売買プログラムをどう選んで運用するかというアプローチの本。

本書では、確率を用いてデータを解析する手法で、次のような実践的テクニックが学べます。

  • 数多くある自動売買システムの中から、勝てる自動売買プログラムを選ぶ知識とテクニック
  • リスクをコントロールして安全な資金管理をしていく方法
  • リスクとリターンを数値で知り、効率的に資金を増やすノウハウ

2010年出版と少し古いもので、実例にミラートレードのサービスを使ったものですが、その考え方・分析方法はEAを探す際にも役立つと思います。

EA(Expert Advisor)を入手できるサイト

EAは、一般的にはインターネット上のサイトでダウンロードすることになります。

無料EAがダウンロードできるサイト

インターネット上には、EAを無料で提供しているサイトがあります。

有名なところは英語サイトになるのですが、いくつか紹介しておきます。

但し、無料で配布されているEAで、永続的に優秀な成績を上げ続けているものは見つからない、と思っておいた方が良いです。なぜなら、本当に優秀なEAを無料で配布する理由がないから。そのため、あくまでも自動売買の学習用程度に考えておいて下さい。

Forex Factory

Forex Factory

有名なEAに関するフォーラムサイト。(英語)

ユーザー登録すれば、掲示板にコメントを残したり、EAのダウンロードができるようになります。

⇛ Forex Factory

Forex TSD

Forex TSD

有名なEAに関するフォーラムサイト。(英語)

ユーザー登録すれば、掲示板にコメントを残したり、EAのダウンロードができるようになります。

⇛ Forex TSD

MQL4 Codebase

MQL4 Codebase

MT4を開発・提供している「MetaQuotes Software社」が運営しているサイト。

MetaQuotes社の正式なサイトということもあり、より専門的なプログラマーが集まっている印象です。

EAのプラグラミングについてはもちろん、インジケーター類や補助的な動作をさせるプログラミングについても専門的なソースコードを公開しており、プログラマーにとっても重宝するサイトです。

⇛ MQL4 Codebase

フォワードテストを公開しているオススメEA販売サイト

私が実際にリアルマネーで運用しているモノは、全てこのEA販売サイトで購入したEAを利用しています。

fx-on.com

FX投資情報コミュニティfx-on.com

fx-on.com」は、FXに特化したコミュニティSNS。

優秀なシステム開発者が作ったシステムトレード、優秀な投資家作成の書籍、レポート、セミナー等、FX投資に関するあらゆる情報を購入・利用することができます。

fx-on.com

販売されているEAは、fx-on自身で登録したフォワードテストも公開されているので、実際のパフォーマンスを確認することができます。

また、各EAの紹介ページには、掲示板のようなコミュニティスペースがあり、そこではEA開発者とやり取りもできます。利用者の率直な意見も多数書き込まれているので、EAの良い所だけでなく悪いところもわかり、購入時の参考情報として大変重宝しています。

ちなみに、私の現在運用しているEAは全てこのサイトで購入したものです。

⇛ fx-on.com

ブログやサイトをお持ちであれば、fx-onのパートナーになって安く購入する方法もあります。
⇛ fx-on.comでEAを安く買うならパートナー登録して自己アフィリエイト

システムトレードのテラス

FXだけでなく、株式、日経225のトレードシステム、売買シグナルが購入できる「システムトレードのテラス」。

販売されているEAは、テラス自身で登録したフォワードテストも公開されているので、実際のパフォーマンスを確認することができます。

システムトレードのテラス

販売されているEAは、純利益率や検証期間などから検索することもできます。

また、購入後にわからないことがあった場合にも、メールで質問するとすぐに返信が貰えて解決したこともあり、安心して利用できるサイトです。

⇛ システムトレードのテラス

有料で販売されているEAも無料で使い放題のサイト

他のEA販売サイトで有料で売られているEAでも、無料で利用できるサイトもあります。

ゲムトレード(Gem-Trade)

MT4のEAが無料で使い放題のサイト「ゲムトレード(Gem-Trade)」。

利用できるFX業者は指定されたもののみ、スプレッドが若干広いという条件ですが、EA購入代金の数万円を考えると非常にお得なサイトです。中には、上記で紹介した「fx-on」で販売されている人気のEAもあります。

参考記事 ⇛ MT4のEAが無料で利用できる「ゲムトレード(Gem-Trade)」

トレーダーズプロ(TRADERS-pro)

TRADERS-pro【トレプロ】

ゲムトレード同様に、MT4のEAが無料で使い放題のサイト。

2017年3月1日オープンとまだ新しいサイトですが、fx-onでも大人気WhiteBearシリーズ開発者さんの新作なども登録されており、要注目のサイトです。

EA(Expert Advisor)を自分で作る

また、ある程度のプログラミングスキルがあれば、自分でEAを作ることも可能です。

MT4のEAは「MQL4」というプログラミング言語で書かれており、C言語に近いのでその経験があれば簡単と言われています。

参考書籍もたくさん発売されているので興味ある方はどうぞ。ちなみに、↓の本がバイブルだそうです。

EAを作ってもらう

自分でプログラミングできないという人には、先述のEA販売サイト「fx-on.com」で、製作依頼を出すこともできます。

fx-on.com投資クラウドソーシングで報酬GET!

ここで製作依頼を出すと、fx-onでEA販売されている実績ある開発者から相見積もりをとることができ、その中から好きな開発者に依頼するという流れになります。

プログラミング不要でEAを作る

また、プログラミング不要でEAを開発することができるソフトも販売されています。

⇛ MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!「EAつくーる」『EAつくーる』 | fx-on.com

インジケーターを組み合わせることでEAを作ることができ、生成されたEAのソースには、プログラムが何の処理をしているのか?の記載もあるため、学習効果も期待できます。

ちなみに、このソフトで作ったEAの著作権はソフト購入者にあるため、優秀なEAを製作して販売することもOKだそうです。