初心者でも簡単・無料で使えるFX自動売買(システムトレード)サービス

by

FXシステムトレード

自分の判断で行う裁量トレードに対して、定められたルールに則って自動的に売買してくれる「FX自動売買(システムトレード)」。

ここでは初心者でも簡単に、しかも無料で利用することができるFX自動売買サービスを紹介します。

無料で使えるFX自動売買サービス

特別なソフトや専用パソコンを用意する必要なく、FX自動売買が無料で利用できるサービスが、FX各社から提供されています。

これを利用することで、私たちが寝ている間も46時中、投資のプロが考案したFXトレードを自動で行なってくれます。

WEBから運用成績を見て、好きな自動売買プログラムをポチッと選ぶだけなので、初心者の方も入りやすく、少額から始められるハードルの低さも特徴です。

MT4(メタトレーダー)と比べると

MT4(メタトレーダー)の画面

世界で最も多く使われているFX自動売買ツールと言えば「メタトレーダー(MT4)」です。

しかし、メタトレーダーでFX自動売買を行うには、それを24時間動かしておくパソコン、その上で動く自動売買プログラムの購入が必要など、初心者にはハードルが高いのも事実。

ここで紹介する無料のFX自動売買サービスとメタトレーダーとを簡単に比較すると、それぞれ次のようなメリット・デメリットがあります。

FX自動売買サービス メタトレーダー
プログラムはサーバー上で稼働しており、WEBから指示を出すだけなので、専用パソコンは不要。 24時間プログラムを動かしておくパソコンが必要。
自動売買プログラムが無料で使える。中には大手EA販売サイトの人気EAも。 自動売買プログラムは基本的に買い取りで1本3万円〜などと高価。
WEBから動かしたい自動売買プログラムを選んでクリックするだけと、操作は簡単。 インストールや設定など、ある程度パソコンの知識が必要。
サービス利用料が無料の代わりに、スプレッドが多少不利な設定。 好きなFX会社が利用できるので、スプレッドなどが有利。
自動売買プログラムの数はサービスにより、数百種類〜多い所だと8000種類を超える中から選べる。 世界で最も多く使われているツールなので、自動売買プログラムの数が豊富。

初心者は手軽に始めるところから

上記比較表より、やはり、そのハードルの低さ、手軽さから、初心者の方はまずはFX自動売買サービスから始めることをお勧めします。

しばらくして慣れて、より大きな資金を運用するようになれば、メタトレーダーに移る。というのが良いかと思います。私も実際そうでした。

ちなみに、メタトレーダーを使ってFX自動売買を始めるには、どんな準備が必要なのか?こちらのページに纏めているので参考にしてみて下さい。

⇛ はじめてのMT4(メタトレーダー)

主要なFX自動売買サービス5選

無料で利用できる国内のFX自動売買サービスから、口座数などをもとに人気のサービス5つを紹介します。

サービス名称 コメント
みんなのシストレ
(トレイダーズ証券)
優秀なトレーダーのFX取引をそのままコピーできる。わかりやすい管理画面と安心のサポート体制で、FX初心者の方に最もオススメ。
シストレ24
(インヴァスト証券)
ミラートレーダーを使ったサービスで、自動売買プログラムの数なんと世界一。プログラムの稼働から入れ替えまで全て自動運用する「フルオート機能」も。
エコトレFX
(ひまわり証券)
純国産のサービスで使いやすい取引画面。売買システムの組合せによるポートフォリオを最適マッチングする機能あり。
トラリピ
(マネースクウェア)
資産運用としてのFXをモットーに、相場に罠を仕掛けたらあとは待つだけ。毎日500円が入ってくる、そんなFXトレード。
ZuluTrade
(ZuluTrade Inc.)
ヨーロッパ・アメリカを中心に全世界で人気のコピートレード・サービス。日本語対応。

サービス紹介

みんなのシストレ(トレイダーズ証券)

上手い人のトレードを真似したい。そんな想いを実現するために開発されたシステムが「みんなのシストレ」です。

ストラテジーを選んでセレクト金額を決めるだけで、優秀なストラテジーがあなたに代わって24時間取引してくれます。

ランキング形式のストラテジー紹介で、それぞれの収益も一目瞭然。「収益率」「利益」「勝率」など様々な条件でソート検索できるので、好みにあったストラテジーを簡単に探すことができます。

また、シンプルでわかりやすい管理画面も大きな特徴。万が一、操作や取引方法がわからない場合も、24時間電話サポートがあるので安心です。

FXの取引画面は複雑でわかりづらい… FXの知識や経験が少ない… そんなFX初心者の方に最もオススメしたい自動売買サービスです。

シストレ24(インヴァスト証券)

好きなプログラムを選んで自動売買を行う選択型システムトレード。その代表格のツールであるミラートレーダーを使ったサービス「シストレ24」。

ミラートレーダーを使ったサービスは日本でも多く導入されており、取引画面の見た目はどれもほとんど同じですが、利用できるストラテジー(自動売買プログラム)の数、通貨ペア数などのスペックが異なります。

シストレ24(インヴァスト証券)の画面

シストレ24は、ストラテジー数で世界一を誇り、fx-onやテラスなどの人気EA販売サイトからも数多くのストラテジーが提供されています。

また、自動売買プログラム使い放題の強みを最大限に活かした新機能「フルオート」もリリース。

ストラテジーの稼働から入れ替えまで全て自動で運用してくれるというもので、まさにFX自動売買の究極系。

フルオート機能を使いたくて、うちでも運用開始しました。

⇛ シストレ24で運用中のフルオート設定と運用成績

エコトレFX(ひまわり証券)

純国産のFX自動売買サービスである、ひまわり証券「エコトレFX」。

日本製の独自開発システムだけあって、見やすくわかりやすい取引画面に定評があります。

エコトレFX(ひまわり証券)の画面

利用できる売買システム(自動売買プログラム)は数百種類に及び、fx-onやテラスなどの人気EA販売サイトからも数多くの売買システムが提供されています。

後述するトラリピ同様の売買システム(ループ・イフダン)が使えるのも嬉しいところ。

また、複数の売買システムを組合せて運用する際に、最適な組合せを瞬時にマッチングしてくれる「ポートフォリオジェネレーター」にも注目です。

2014年11月3日より、取引数量1万通貨あたり片道100円(税抜)の投資助言手数料が掛かるようになりました。同時に、全通貨ペアのスプレッドが縮小されました。

トラリピ(マネースクウェア)

自分で設定した相場の変動幅に沿って、一定の値幅で注文と決済を繰り返す「トラリピ(トラップリピートイフダン)」。

トラリピは注文方法の1つで、マネースクウェアが特許取得済み。にも関わらず、似たようなサービスが乱立したことから、その有効性・人気がわかります。

マネースクウェアのトラリピ

”資産運用としてのFX”という謳い文句に共感して、私がFXをはじめたキッカケになったのもこのトラリピ。今でも運用中(・ω・)b

⇛ 現在のトラリピ設定と運用成績

相場が上がろうが下がろうが、仕掛けたトラップに掛かる毎に500円が入ってくる。そんな、毎日がお小遣いなFX自動売買です。

ZuluTrade(ズールトレード)

ZuluTrade」は、ヨーロッパ・アメリカを中心に全世界で人気のコピートレード・サービス。日本語にも対応しています。

シグナルプロバイダーとして登録されている1200名以上のトレーダーから、好きなトレーダーを好きなだけ選ぶことができます。中には、勝率80%以上のカリスマトレーダーも在籍。しかも、利用は無料。

サーバーで稼働するので、常時動かしておくPCも必要ありません。

ZuluTrade(ズールトレード)

特徴は、以下のように手軽に始められる点。

  • 口座管理・取引手数料 すべて無料
  • 全世界で24時間 自動で売買。PCの電源OFFでOK
  • スタートは3万円~

メールアドレスだけでデモ口座を登録して利用できるので、まずはお試しアレ。

当サイト限定のタイアップ・キャンペーン情報
インヴァスト証券

自動売買プログラムが使い放題の「シストレ24」。フルオート機能により完全自動売買を実現。

当サイトからの口座開設で、通常より+5,000円のキャッシュバック!

私も実際に運用中。参考にしてみて下さい。