勝てるMAX!「ザ、FX GBPUSD」と「がっつりGBPUSD」を比較してみた

by

あの「勝てるMAX!」にポンドル版が発売されるとのことで、現在活躍中の「がっつりGBPUSD」と比較してみました。

バックテストの比較

まずは、バックテストデータから抜粋。

勝てるMAX GBPUSD がっつりGBPUSD
テスト期間 2011.1.1-2013.4.6(827日) 2010.5.10 – 2012.5.11(733日)
初期投資額 10000 10000
総純利益 7493.02 30199.48
総利益 19111.27 70345.12
総損失 -11618.25 -40145.64
PF 1.64 1.75
総トレード数 751 1157
最大DD 6618.02 14546.53
勝ちトレード 63.38% 65.00%
敗けトレード 36.62% 35.00%

グラフで見てみる。

勝てるMAX!「ザ、FX GBPUSD」

勝てるMAX!「ザ、FX GBPUSD」のバックテスト

がっつりGBPUSD

がっつりGBPUSDのバックテスト

バックテストのソースは、販売ページから取得しています。

考察

上記バックテスト結果を見ての考察。

どっちが稼げる?

テスト期間に若干の違いはあるものの、総純利益は、「勝てるMAX:7493.02」に対して「がっつり:30199.48」と、4倍近い差を付けて圧倒。

総利益/総損失で求められるPF(プロフィットファクター)を見ても、「勝てるMAX:1.64」に対して「がっつり:1.75」。

なので、どっちが稼げるか?だけを見ると、圧倒的に「がっつりGBPUSD」が稼げるはず。

リスクは?

最大DD(ドローダウン)を見てみると、「勝てるMAX:6618.02」に対して「がっつり:14546.53」。

どちらもロスカットではなく、ナンピン・マーチンでの含み損の値ですが、「がっつり」は2倍ほど大きな含み損を抱えるところまでいったようです。

次に、勝ちトレード/負けトレードの割合について。

負けトレードはナンピンに救われたトレードなので、勝ちトレードの割合が大きいほど、ナンピン・マーチンの早い段階での決済だということ。

勝ちトレードは、「勝てるMAX:63.38%」に対して「がっつり:65.00%」なので、平均すると、「がっつり」の方がエントリー精度が高いのかな。

で、結果は

個人的な所感としては、「がっつりGBPUSD」推し。

リスクはどちらも似たような印象ですが、万が一、ドローダウンが発生するにしても、それに勝るほど利益があると問題ない訳なので。

なので、名前の通り、がっつり稼いでくる「がっつりGBPUSD」が良いんじゃないかと思いました。

うちでは既にどちらも稼働させているので、リアル口座での実績はこちらを参考にどうぞ。

当サイト限定のタイアップ・キャンペーン情報
SBIFXトレード

1通貨から取引可能、外貨の自動積立もできる「SBI FXトレード」。

当サイトからの口座開設で、Amazonギフト券3,000円分プレゼント!

外貨預金よりオトクなFXで、私も外貨の積立に利用しています。

インヴァスト証券

自動売買プログラムが使い放題の「シストレ24」。フルオート機能により完全自動売買を実現。

当サイトからの口座開設で、通常より+5,000円のキャッシュバック!

私も実際に運用中。参考にしてみて下さい。