旅行や外出時でも安心してMT4を動かすために備えていること

by

Chairs on shady beach
Chairs on shady beach / FullofTravel

先日、1週間ほど休暇をとって旅行に行ってきました。

旅行中もMT4のFX自動売買を稼働させておきましたが、安心して動かすためには、相場が急変したりMT4のトラブルに対処できるようにしておく必要があります。

でも、せっかくの旅行には、PCなど持参せず身軽に行きたい。

そのために、やっておいたことをメモしておきます。

トレード状況をTwitterで確認できるようにしておく

まずは、MT4のトレード状況を確認できるようにしておきました。

「Myfxbook」を利用して、トレード状況をリアルタイムにTwitterでつぶやくように設定します。

Myfxbookでトレード発生をTwitterに発信

Twitterだと、スマホからいつでも確認できるので安心。



スマホからMT4の操作をできるようにしておく

次に、MT4の操作をできるようにしておきました。

私がメインで利用しているFXブローカー「OANDA JAPAN」では、iPhone/Android/iPad・タブレットからもMT4の操作ができるアプリが提供されています。

万が一の場合に、ポジションを手動決済できるのは安心です。

スマホからVPSの操作をできるようにしておく

次に、VPSの操作をできるようにしておきました。

私が利用しているVPS「お名前.com デスクトップクラウド for FX」では、iPhone/iPadからもデスクトップ操作ができるアプリが提供されています。

お名前.com WindowsデスクトップのiPhoneアプリ

VPSの再起動も可能なので、万が一のVPSトラブル時に必須です。

⇛ MT4(メタトレーダー)の24時間稼働におすすめのVPS

VPS再起動時にMT4を自動で起動できるようにしておく

万が一、VPSを再起動することになった場合、上記iPhoneアプリからVPSの再起動をすることになるのですが、その後にMT4も手動で起動させる必要があります。

iPhoneアプリで1つ1つMT4を起動させるのは面倒臭いので、VPS再起動時に自動で立ち上がるようにしておきました。

方法は、以下のように、Windowsのバッチファイルを作成して、それをスタートアップフォルダに入れておきます。バッチファイル名は「mt4_startup.cmd」など適当に、拡張子は「cmd」で。

MT4再起動バッチファイル

Windowsのバッチファイルをスタートアップフォルダに入れておきます

VPSが再起動されたら、自動でこのバッチファイルの中身が実行されます。

最初にWindowsの各プロセスが起動されるまで、60秒間待たせる。
そして、MT4を起動して、立ち上がるまで20秒間待ち ⇛ 次のMT4を起動・・・

といった内容です。

ping localhost -n 60

この「60」ってのは、60秒間待たせるという意味。

start "1" "C:\MetaTrader\FXDD-KateruMAX\terminal.exe"

この「”C:\MetaTrader\FXDD-Malta\terminal.exe”」ってのは、起動させたいMT4の本体「terminal.exe」のパスです。

尚、VPSを再起動した後にログインしないと実行されないので、再起動後のログインを忘れないように要注意。

いつでも追証できるように、ログイン情報を準備しておく

Bankruptcy
Bankruptcy / natloans

何が起こるかわからないFXの世界、相場急変などによりロスカットされないように、いつでも証拠金は入れられるようにしておいた方が良いです。

スマホから追証するにも、ブローカーやネットバンクのパスワードがわからないといけないので、ログイン情報は準備しておきましょう。

これだけやっておけば、旅行中に何かあっても、MT4の対応は万全です。

旅行じゃなくても、仕事などの出先でも、安心して自動売買を動かしておけるので、こういった準備はしておいた方が良いと思います。

でわ、楽しいFX自動売買ライフを(。・ω・)ノ゙

当サイト限定のタイアップ・キャンペーン情報
インヴァスト証券

自動売買プログラムが使い放題の「シストレ24」。フルオート機能により完全自動売買を実現。

当サイトからの口座開設で、通常より+5,000円のキャッシュバック!

私も実際に運用中。参考にしてみて下さい。