RSIスキャルピングの運用成績

「RSIスキャルピング」ライブ口座で運用開始

by

fx-on.comで人気急上昇中のEA「RSIスキャルピング」。

少しの間デモ口座で検証していたのですが、なかなか良さそうなのでライブ口座で本番運用を開始しました。

「RSIスキャルピング」の概要

「fx-on.com」で公開されているフォワードテスト結果↓

RSIスキャルピングの運用成績

⇛ RSIスキャルピング(現在の設定とライブ口座での運用成績)

こんな感じでいこうかと

含みを抱えながらも両建てでコツコツ利確

このEA、以下のような感じで動きます。

  • RSIを元にエントリーし、10pipsで細かく利確。
  • 相場が逆方向に動くとナンピンして4000pipsで損切り。ナンピン判断もRSIを使用。
  • 両建てなので、ナンピン中も逆方向で稼いでくれる。

常に含みを抱えての運用になると思いますが、ナンピン中も逆方向でコツコツ稼いでくれるので、長期運用で良い感じになるんじゃないかと期待。

スプレッドの狭い通貨ペアで複数稼働

10pipsで細かく利確していくので、スプレッドの値が大きく影響してきます。

なので、スプレッドの狭さで定評がある「Pepperstone」で、スプレッドの狭い通貨を複数選んで稼働させることにしました。

⇛ Pepperstone

選んだ通貨は、以下11通貨ペア。

EURUSD、USDJPY、EURGBP、AUDUSD、AUDJPY、EURJPY、USDCHF、GBPUSD、USDCAD、EURAUD、CHFJPY

相関関係のない通貨ペアを選ぶのがベターだと思うのですが、暫く様子見てから再考しようかと思います。

トレード回数が多いのでキャッシュバックを活用

11通貨ペアで動かしていると、トレード回数も相当なものになります。

利確されたポジション数で、1日に15〜20ポジション程度。

これだけあるとキャッシュバック額も結構大きくなってくると思うので、これから楽しみです。

参考記事 ⇛ FXキャッシュバックサイトからの口座開設だとリベート収入も貰えてお得

このページをシェアする
当サイト限定のタイアップ・キャンペーン情報
インヴァスト証券

自動売買プログラムが使い放題の「シストレ24」。フルオート機能により完全自動売買を実現。

当サイトからの口座開設で、通常より+5,000円のキャッシュバック!

私も実際に運用中。参考にしてみて下さい。