不要なチャートやインジケーター類は最小にしておく

たったこれだけでMT4(メタトレーダー)の動作が随分と軽くなるよ

by

単体では軽いMT4も、多数動かしているとそれなりにリソースを消費します。

過度な負荷が掛かるとトレードにも影響を与えるため、できるだけ負荷は減らしておいた方がいいです。

ここでは、MT4の無駄な機能を無効にすることで、簡単に軽くできる方法をいくつか紹介します。

MT4の動作を軽くするための設定変更

不要なチャートやインジケーター類は最小にしておく

チャートは、開けば開くだけリソースを消費します。インジケーター類も然り。

不要なチャートは閉じ、余分なインジケーター類は非表示にします。

不要なチャートやインジケーター類は最小にしておく

通貨ペア数の最小化

不要な通貨ペアを非表示にします。

「気配値表示」ウィンドウで右クリックして、「通貨ペア数の最小化」をクリック。

通貨ペア数の最小化

これで、チャートを開いている以外の通貨ペアが非表示になります。

ニュースを無効にする

MT4の「ターミナル」ウィンドウにある金融ニュース。

MT4の「ターミナル」ウィンドウにある金融ニュース

これも見ていないようであれば、受取りをオフにしておきます。

MT4のメニュー「ツール」-「オプション」-「サーバー」タブ-「ニュースを有効にする」のチェックを外す。

「ニュースを有効にする」のチェックを外す

音声を無効にする

MT4から出力される、ポローン♪などの音声。これもオフにしておきます。

MT4のメニュー「ツール」-「オプション」-「音声設定」タブ-「有効にする」のチェックを外す。

音声を無効にする

ヒストリー内の最大バー数、チャートの最大バー数を減らす

MT4で利用するバーの数は、初期設定だとかなり大きめの設定になっているため、これを減らします。尚、設定値は2000あれば大抵のEAには影響がないと聞きますが、私は5000に設定しています。

MT4のメニュー「ツール」-「オプション」-「チャート」タブを開き、次のように最大バー数を変更する。

  • ヒストリー内の最大バー数:512000 ⇒ 5000
  • チャートの最大バー数:65000 ⇒ 5000

最大バー数を減らす

尚、ヒストリー内の最大バー数はバックテスト時に使用するバーの本数です。そのため、バックテストを行う時には逆に増やす必要があります。

また、チャートの最大バー数は、チャート上に表示するバーの本数です。EAによってはコレを利用してトレードを判断するため、この値を小さくし過ぎると動作に支障をきたす場合があります。

対応前後のメモリ使用量

5つ立ち上げてるMT4に対して、これらの対応を実施した結果、メモリ消費量607MB ⇛ 597MBと見た目の効果は小さいものの、体感的にはかなり軽く(サクサク動く)なります。

Before
メモリ消費量(対応前)

After
メモリ消費量(対応後)

フル稼働させているような環境であれば、かなりの効果が得られると思います。

一度お試しアレ。

当サイト限定のタイアップ・キャンペーン情報
SBIFXトレード

1通貨から取引可能、外貨の自動積立もできる「SBI FXトレード」。

当サイトからの口座開設で、Amazonギフト券3,000円分プレゼント!

外貨預金よりオトクなFXで、私も外貨の積立に利用しています。

インヴァスト証券

自動売買プログラムが使い放題の「シストレ24」。フルオート機能により完全自動売買を実現。

当サイトからの口座開設で、通常より+5,000円のキャッシュバック!

私も実際に運用中。参考にしてみて下さい。