「Forex Racco V2」のこれまでの成績

「Forex Racco V2」バージョンアップや改善策を試みるも・・運用停止しました

by

昨年は絶好調だったこのEAも今年に入って調子を落とし、バージョンアップ後もいまいち成績が上がらなかったので、しばらく運用停止させることにしました。

「Forex Racco V2」のこれまでの成績

2012年1月12日〜2012年3月14日まで稼働させ、これまでの損益は-$325.55

「Forex Racco V2」のこれまでの成績

2月初旬に、トレード精度の向上(損失の低減)を図ったバージョンアップ版を適用し、しばらくは堅調に損失を取り戻していってたのですが、先日の2連敗でまたもやマイナスに。。

昨年調子良かっただけに、今は相場に合ってないだけという意見もあるので、それまでの間しばらく運用停止させることにしました。

「Forex Racco V2」の改善策

私は止めることにしましたが、運用面を見直すことで勝率を上げることもできそうです。

アジア時間を避けて運用する

Raccoはアジア時間の成績がいまいちなので、その時間帯を避けてみると飛躍的に勝率が上がったそうです。

⇛ 【検証】RaccoV2 成績が落ちてきたら時間帯をチェックしてみる!

Raccoの開発者さんも、アジア時間のエントリーに弱いと思ってるらしく、その時間帯のロット数を下げたバージョンを作成して検証されてます。これをリリースしてくれたら嬉しいんだけど。

⇛ アジア時間に弱いなら

ストップ値を小さくする

Raccoのデフォルト設定は、TP:8pips、SL:50pipsになっています。

”超”単純計算すると、

8戦7勝(8p×7)ー1敗(50p×1)=+6pips・・・最低必要勝率:87.5%

コレ以下の勝率だと、敗けるEAになってしまいます。

では、SLの値を下げることができれば。。

Raccoの開発者さんが、V2.3へのバージョンアップでクローズまでの時間を早めたにも関わらず、SLの値を変更するのを忘れてた?ため、SLを50⇛38に変更して検証されていました。で、結果はSL50の場合とほとんど変わらなかったそうです。

⇛ Racco v2.30のストップ値は小さくできる!?

コレを”超”単純計算すると、

6戦5勝(8p×5)ー1敗(38p×1)=+2pips・・・最低必要勝率:83.3%

かなり改善されましたね。

このように、うまく運用することができれば、Raccoもまだまだイケる気がします。

EAの詳細 ⇛ Forex Racco V2

スキャルピングEAは、「勝てるMAX!」一本に集中

Raccoを停止させる代わりに、先日動かし始めて絶好調の、両建てスキャルピングマーチンEA「勝てるMAX!「ザ、FX EURUSD」」に資金を追加することにしました。

勝てるMAX!「ザ、FX EURUSD」の運用成績

これまでの動きを見ていても、取れない時には動かないし、取れる時にはガツガツ取ってくるし、非常に優秀な成績をあげています。

また、ナンピンしながらも、トレンドがあれば逆方向へのエントリーもするので、安心して見てられます。

複利運用しているので、Raccoの資金をこっちに移して一気に加速させます。

⇛ 「勝てるMAX!「ザ、FX EURUSD」」の現在の運用成績

当サイト限定のタイアップ・キャンペーン情報
SBIFXトレード

1通貨から取引可能、外貨の自動積立もできる「SBI FXトレード」。

当サイトからの口座開設で、Amazonギフト券3,000円分プレゼント!

外貨預金よりオトクなFXで、私も外貨の積立に利用しています。

インヴァスト証券

自動売買プログラムが使い放題の「シストレ24」。フルオート機能により完全自動売買を実現。

当サイトからの口座開設で、通常より+5,000円のキャッシュバック!

私も実際に運用中。参考にしてみて下さい。