MT4用VPSアメリカ設置でFX取引サーバーとの応答時間を短縮

by

MT4 FX自動売買のパフォーマンスを向上すべく、MT4を動かすVPSをアメリカ設置のものに変更。

VPS設置場所が日本とアメリカでは、FX業者のサーバーとの応答時間がどれだけ変わるのか比較してみました。

MT4稼働VPSとFX業者サーバーとの設置場所(距離)による影響

まず、MT4を利用したFX取引の仕組みは、次のようなっています。

FX業者のサーバーとMT4運用VPSの通信の仕組み

Windowsパソコンにインストールして利用するMT4は、自宅PCか、24時間稼働させるならVPSを利用している場合が多いと思います。

「FOREX.com」や「OANDA JAPAN」などのFX業者では、業者ごとに取引サーバーを持っています。

そして、MT4とFX業者の取引サーバー間の通信で、レート配信や売買注文が行われる仕組みになっています。

MT4とFX業者サーバーの距離が近い方が有利

ここで重要なのは、MT4⇔FX業者の取引サーバー間で、いかに遅延なく通信が行われるかということ。

特に自動売買によるスキャルピングなどでは、シグナルを受けて発注まで一瞬のタイミングが重要。そのため、MT4とFX業者サーバーとの通信に遅延・タイムラグがあると、パフォーマンスに影響を及ぼします。

しかし、コンピュータ間の通信は、物理的な距離が遠くなるほど通信時間(応答時間)に遅れが生じます。

そのため、MT4を動かすPC/VPSとFX業者の取引サーバーは、できるだけ近い場所に設置されている方が有利になります。

日本のFX業者もサーバーは海外にある

日本のFX業者でも、その取引サーバーが設置されている場所は日本国内とは限らず、多くはアメリカのデータセンターに設置されています。

私も利用する国内FX業者の「FOREX.com」「OANDA JAPAN」も、取引サーバーはアメリカにあります。

MT4対応国内FX業者の取引サーバー設置場所
FX業者 取引サーバー設置場所
OANDA JAPAN ベーシック/プロコース:アメリカ
OANDA Japan FX:日本
FOREX.com アメリカ
FXTF(FXトレード・フィナンシャル) 日本
外為ファイネスト 日本
楽天MT4 日本

一方で、MT4を動かすために借りているVPS「お名前.com デスクトップクラウド」は、日本国内に設置されているものを利用しています。

そのため、MT4稼働VPSとFX業者の取引サーバーが日本とアメリカで離れており、そのやり取りにタイムラグが生じている環境となっています。

日本設置のMT4用VPSと海外設置のFX業者のサーバー

アメリカ設置のVPSに変更

そこで、MT4⇔FX業者サーバーとの距離を縮めるために、MT4を動かすVPSをアメリカ設置のものに変更します。

どちらもアメリカ設置のMT4用VPSとFX業者のサーバー

MT4運用に特化したVPSを提供している「お名前.com デスクトップクラウド」「使えるねっと」では、この点を考慮して、アメリカ設置のVPSも提供しています。

で、これまで「お名前.com デスクトップクラウド」の日本設置VPSを利用していたのですが、これを機に、同じくお名前.comのアメリカ設置VPSに切り替えました。

VPS設置場所が日本とアメリカでの応答時間比較

VPS設置場所が日本からアメリカに変わることで、FX業者の取引サーバーとの応答時間がどれほど変わるのか実際に比較してみました。

計測対象のFX業者は、私が利用している「FOREX.com」と「OANDA JAPAN」です。

計測結果は、MT4を起動時に表示される、FX業者サーバーへのping応答時間を参考にします。

日本設置のVPS

まずは、日本設置のVPSで動かしているMT4からの計測結果。

FOREX.comのサーバーへログインした際のping応答時間は「166.79ms」。

MT4(VPS日本)からFOREX.comサーバー(アメリカ)のping応答時間

同じくOANDA JAPANのサーバーへログインした際の、ping応答時間は「164.70ms」。

MT4(VPS日本)からOANDA JAPANサーバー(アメリカ)のping応答時間

アメリカ設置のVPS

次に、アメリカ設置のVPSで動かしているMT4からの計測結果。

FOREX.comのサーバーへログインした際のping応答時間は「72.33ms」。

MT4(VPSアメリカ)からFOREX.comサーバー(アメリカ)のping応答時間

同じくOANDA JAPANのサーバーへログインした際の、ping応答時間は「73.79ms」。

MT4(VPSアメリカ)からOANDA JAPANサーバー(アメリカ)のping応答時間

応答時間は1/2に短縮

上記の通り、MT4から各FX業者の取引サーバーへの応答時間は1/2以下に短縮されるという結果になりました。

MT4⇔FX業者とのやりとりで発生するタイムラグが縮まることで、より正確なトレードが行えるようになり、特に自動売買によるスキャルピングなどには有利になるはず。

うちでも、「Forex White Bear V3」「White Bear Z USDJPY」2つのスキャルピングEAを、それぞれ「OANDA JAPAN」の口座で運用しています。

なので、今回VPSをアメリカ設置に変更したことで、より一層のパフォーマンス向上に期待です。

日本/アメリカ設置が選べるMT4用VPS

このページをシェアする
当サイト限定のタイアップ・キャンペーン情報
インヴァスト証券

自動売買プログラムが使い放題の「シストレ24」。フルオート機能により完全自動売買を実現。

当サイトからの口座開設で、通常より+3,000円のキャッシュバック!

私も実際に運用中。参考にしてみて下さい。